店主の気ままなひとり言
珈琲工房かわもと店主の、ほとんど独り言

プロフィール

Author:川元 正樹
店主です。よろしく!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



2月下旬。近い春を感じさせる奄美の陽気。陸上競技チームの合宿も佳境。
街中には 鮮やかなコスチュームのランナーが何人も行きかう。陸上競技場でも芝生のクロカンコースを黙々と走る人、息を切らせて全力で走る人、腕振りを強調しながらのウォーキング。トラックでは遠くでもその息遣いが聞こえてくるぐらいの、限界に挑むほどに見える、インターバル走を延延続ける選手。日本のトップ選手が何人も見られる。
運動公園には 今、来島している大学 実業団チームの幟が点ててある。資生堂 九電工 ユニクロ 天満屋 ホクレン 関西外語大 日清食品も来ている。東海大のエースだった村澤を、毎日のように見る、日に何度も。一日中走ってるんじゃないか、と思うほど。他にも有名選手は 天満屋のロンドンオリンピック代表で、先月の大阪で優勝した重友 資生堂ではリオオリンピック1万M代表の高島、彼女は前に所属していたデンソーが合宿してた 先月も来ていた。小柄な選手。九電工の 2014年1500M日本チャンピオンだった陣内。こちらは大柄。スター選手目白押し。でも 多くの市民は 彼等を知らない。興味を抱かないのか。目の前を走ってるのがオリンピック選手とは 気づかないだろう。それより 今日の地元紙に載ってた、九電工の濱崎優汐さんへの興味の方が強いだろう、地元の高校から実業団入りした選手。エディオンにも地元出身の西田さんがいるが、高校大学は鹿児島本土。ずっと以前には、合宿に来ていた大阪の人間科学大学の監督にスカウトされて、進学し、全日本大学女子駅伝で活躍した人もいる。濱崎さんは、中学時代から、市の体育大会や、地区大会で、ずっと活躍して、市民はその名をよく知っている。
スポンサーサイト

「北山杉」を聞いたYOUTUBEのページに関連動画として「京都であった人」と言うのがあった。「歌手名不明 どなたかわかる人 コメント乞う」と記されている。私はわかる と、思ったのだが、続くコメントを見たら、違う。記憶違いか?でも はっきり憶えているのだが。
ラジオの「コッキーポップ」で聞いた。だから、ポプコンに出された曲だと思う。「鹿児島出身の長渕剛くん」と言うアナウンスに反応して聞いたのだ。残念ながら 好きになれなかった。この 印象で長渕剛を評価していた。この「京都であった人」。作ったのは深野義和となっている。やはり私の勘違いか。長渕といえば「京都で 京都であった人 わすれはしーなぁい」という甘い声を浮かべていたが、間違いだったようで。
それより こんな事書いて、長渕ファンから怒られるぞ。

わかりました 長渕のデビュー曲は「雨の嵐山」これはポプコンに出された曲だ。ただ 録音をポプコン参加者のためのスタジオで行ったためで 不本意な参加だったそうだ。この曲、まったく聴いたことない。いや聞いたのだろうが全く記憶にない。同じ京都の唄で 完全に混同していた。
こんな甚だしい勘違いのこと 出したらいかんだろう。長渕ファンでもないし、彼の唄ほとんど聞く事もない。でも せっかく書いたから、消すのが惜しい。
2,3日したら消そう。

うめまつりの「北山杉」を、聞くと思いだす、京都の先輩女史。「彼女が帰省してきている」と聞いて、40年前の恋に敗れた 京都丸山公園の思い出が、今は楽しき出来事のごとく蘇る。実は この話、このブログでも書いたが、最近は、ひとつ上の彼女の同窓生達にも、語っている。で、彼女本人の耳にも入ったようだ。迷惑そうにはしてないようで。「はっきり言ってくれたらよかったのに」と、面白そうに聞いてくれたらしい。気をよくして 「北山杉」を聞いてみた。実は最近 歌いたくてギターコードを探っていたところ youtubeで見たらコードのついた歌詞が出てきてる。やっぱりいい歌 練習しよう。でも 一人で 楽しむだけかも。
       
         

奄美高安アンブル
奄美高校吹奏楽部 アンサンブルコンクール九州大会出場。みごと金賞受賞。
大会の一週間前 彼等の練習を聞く機会を得た。奄美文化センターのホール、舞台袖。姿は見えないが、きれいな音色のサックスのおとが聞こえてきた。難しそうな曲。同じフレーズを繰り返し奏でている。同じ旋律を何度聴いても飽きない、ステキな演奏。客席のほうに回ってみた。ソプラノS アアルトS フルート。3人が客席から指示する先生の要求通りに演奏をこなしている。
奄美高校にも吹奏楽部があって、こんな上手な生徒がいるんだと驚いた。地元では大島高校の吹奏楽部の方が目立っている。私もこちらは何度も コンサートに出かけ、楽しませてもらている、奄美高校生の演奏は初めて。見事さに驚いた。
彼等の練習後、たまたま 指導していた教師と演奏してた3人に出会った。
「すごい難しいこと やってるんですね。きれいな音で ビックリしました」
先生がにこやかに頷いた。
「ステキな演奏を聞かせてもらいました。ありがとう」
生徒3人もことばは発せず、笑顔でお辞儀をして去って行った。
そして 新聞で、この結果を知って、歓喜。すぐに赤面。既にこんな九州トップのレベルとは知らなかった。あの時点で「県代表」だったのだ。しろうとの私が評価を口にしてしまって 全く失礼なことだった。

「骨髄バンクチャリティー 愛のコンサート IN奄美」
娘がお世話になった 骨髄バンクのため 寄付のつもりで、1000円のチケットを購入していた。時間が取れたので、観賞する事に。年末の第九演奏で 感動させてくれた 奄美オーケストラの演奏も また 聞いて見たい。
コンサート冒頭は 少年少女合唱団。思い出してしまった。 娘 舞も合唱団の一員としてこの舞台に立っていたのだ。今から20年前。合唱団の小さな女の子が 口を大きく動かして歌う姿が舞に重なった。あれから15年後、骨髄バンクに助けを求めたが、叶わなかった。懐かしいのではない、悔しいとか 辛いという感情でもない。ただ 涙が溢れた。
ピアノの田中裕太氏と奄美オーケストラの演奏 ショパンのピアノコンチェルトも よかった。先月の第九を聞いた時と同様に 感激した。こんなコンサートがこの島で体験できるなんて、すごい と、思った。
骨髄バンクへの ドナー登録、私も是非 奄美の人たちにお願いしたい。娘は白血球の型の一つが 「日本人には珍しい」型 だった。
もしかしたら 奄美の人間 独特の型ではなかったのか?と言う疑問がずっと残っている。先祖にはカツオ漁で栄えた集落の人もいる。近隣国の人たちとの交わりもあったのではないか。舞より一年前、同じ病院から同じ病気で逝ってしまった、私とも知りあいだった、Mさんもカツオ漁が盛んな大熊の人だった。奄美に比較的多い型が存在するのではないか?気になって仕様がない。もし そうなら奄美のひとなら たすけることが出来るのだ。
是非多くの奄美の人にドナー登録して欲しい。奄美の人を助けると、思って。