FC2ブログ
店主の気ままなひとり言
珈琲工房かわもと店主の、ほとんど独り言

プロフィール

川元 正樹

Author:川元 正樹
店主です。よろしく!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


楽譜と演奏に関して、勝手にひとりごと。

「楽譜というのは、作者(作曲者 編曲者)の、意図を,符号 記号を使って表したもので、演奏を目的にしている」そうだ。「演奏しながら読む」ともある。
突拍子なく 楽譜の話を始めたが、最近 知り合った、吹奏楽団のひとたちが、楽譜 つまり 譜面から、曲のすべてを読み取り、各個人それに従い演奏することで、見事な重厚な音楽を作り上げることを、目の当たりにしたから。一緒にやらなくても、それぞれが譜面に従いパートを習得すれば、全員で演奏するときには、見事に調和した演奏に完成させることができていた。この驚きから。
最初のところはわからない。楽譜の音符 一つ一つを確認しながらの、時間をかけた作業だったのかもしれぬ。でも多分 楽譜を見ることに慣れている、というのはわかる。ギターコードなら私も慣れている。でも知っている曲でないと、それは意味を持たない。五線紙に並んでいる、音符からメロディーとリズムと音の強弱とか、おもな曲の要素を瞬時に認識できるようになるには、どういう鍛錬と、どれほどの時間をかけたのか。未経験の私には驚きでしかない。彼らが専門的に、上級学校で学んだのではなく、中学 高校の部活動でそれを習得し、今は 基本的には趣味の領域で継続演奏している ということも、また、同様である。
さて、楽譜を読んで 音楽を作る能力を、たたえてきたが、逆の不思議もある。演奏をリクエストしたとき「楽譜がないから無理」と、返事が来る時だ。知っている曲なら、当然演奏できると思ている素人には、こちらも不思議。
おそらく楽団員は、他の数人と、合わせた演奏だから、音を合わせることが前提、そのために、譜面通り が、絶対で、譜面を見ながら奏でるのが常識だろう。私がギターや他の楽器を使い単独で、あるメロディーを奏でる。ところがそのままでは、レコードされたもの聞きながらやろうとすると、会わない。合わせてみると、メジャーだと思ってた曲が マイナーだったこともある。私の場合、楽器は玩具と同様。遊んでいるだけ。
でも 楽譜にこだわらず、真に楽しもうという音楽も大好き。これまで沢山聞いた、ジャズのライブは譜面なんて持ってなかった。その場で観客にリクエストさせ、その曲の出だしを、ピアノが奏でると後のプレーヤーはそのキーを読み取って、展開していく、アドリブ演奏なんて、ほんとに聞き入っていた。先々月ここのライブハウスであった、Dsを後輩が務めるセッション専門バンドも、その場で客席から、ひとを呼び上げギターの最初の指のポジションを、みせてくれたら、それに合わせますという、これぞプロ、という人たちだった。ジャズと言いながら ずっと 譜面を見ているバンドもいる。ソロの時も譜面から目を離さない。アドリブじゃなく楽譜通り弾いてると、思うと、楽しさ半減。昔、見たジャズコンサートで、ボーカルにスポットライトが集中して、他が暗くなった時、ピアニストが慌てていた事がある。暗くて譜面が見えないらしい。観客席から失笑がおこった。ボーカリストが途中でピアニストのために。「あかりをください」と訴えた。台無しである。
楽譜を忠実に演じる、音楽も素敵だと思う。先日当地で会ったアマービレ吹奏楽団の、コンサートは、感激した。彼らの活動が、応援したくなるような、素敵なものだったので、私、勝手に応援団をなのり、団員から「応援団長」「と呼ばれたりした。私がサックスを持っていることから、誘われたが、私が彼らと同じように譜面に精通するには並大抵んことではない。そのうち老人になって、楽器が持てなくなってるかも。ひとりででも 楽しむ音楽でいい。そっちが好き。面倒を逃げてる、といえばそうだろう。
吹奏楽も聞いてて楽しい。演奏者も楽しいと言ってる。譜面に集中してて 生真面目風。楽しさが伝わらない時もある。
次の動画。高校生の演奏、ジャズの名曲「鈴懸の径」 すごくうまいと思う。でも 先生に言われた通り吹いているのではと、思う。


スポンサーサイト

変遷 顔と体型

SNSに嘗ての写真(まだ 肥満じゃなかったころ)を、載せたところ、「誰?」「全く別人」と、コメントが寄せられた。その頃を知らない、近年から付き合いだした人には、同じ人物とは見えないようだ。目も、耳も 髪型も変わってないのに。ただ 輪郭が。細面が、円くなってる。久しく会えてなかった昔の知人に偶然会ったときも、気付いてもらえない。これは今の私が。家を訪ねて行った恩師に、その場では全く気付いてもらえず、あとから 電話で「川元 お前は痩せとっただろ」と、おそらく卒業アルバムでも見たのだろう、やっとわかった旨 知らされたこともあった。4年前 熊本の中学の同窓会に行ったときは、皆に直ぐ名前を呼ばれた。事前に私がくることが知らされていたからだろう。44年ぶりの再会という者がほとんどだったが、逆に顔は憶えてないけど、見慣れない あいつが川元だ と。大学時代 一緒にコンサートに行ったことのある、先輩女子。初対面のつもりで1年たって、その人だと教えられた。彼女「だって 川元君痩せてたじゃない!」こっちだって言いたい。「そっちこそ」さすがに言えなかったけど。昔には戻れない。中学時代 大学時代、20代 その頃の私を知ってる人、今 こうなってます。
マリスト小崎寮2ゼミ旅行2" />   img195.jpg  IMG_20180808_0001.jpg
中学3年           大学3年               20代前半           20代後半

      そして今
IMG_20180104_125926.jpg



昨日も、その人は、宴会場の駐車場で番してた。今日も出勤日だからいるはず、と、思ったのに、居たのは支配人だった。
挨拶して 通り過ぎようとして呼び止められた。「Tさん 亡くなりましたよ。今朝」
「何のこと?」「どういう事?」一呼吸置いて、言われたことに、意識が戻った。
「昨日 ここにいましたよ」 いつものように、一時間ほど、よもやま話に興じた。
「日帰りで、鹿児島行ってきた。駅ビル5階のバイキングのレストラン行ったらよかった。」
孫の家庭訪問の話。大阪に引っ越した子供家族の話。わたしの職場の話。 いつものように。
変わった様子は全くなかった。元気だった。日頃病気には、縁遠いはずだった。毎朝 ウォーキングもしていたはず。
それが突然、逝ってしまった。
いつも 立ち話していた。1時間 2時間 ざらだった。親しくなったのは2年前。年は、離れているけど、共通点がいくつかあった。
前職が金融機関。田舎が隣通し、私の親戚の事をよく知っていた。金融機関での人脈も似通ってる。顧客への対応など、現職場へ不満も口にしたが、それは私と共通の認識からだった。面白かった。楽しかった。違ったのは、Tさん 若いころからもてて、それも中学生のころから、「女に不自由しなかった」なんて、聞いて、うらやましかった。葬儀場に展示された、昔の写真はやっぱりかっこよかった。その葬儀 通夜は、驚くほど多くの参列者。この町で最も大きな葬儀場でも、全く間に合わない。あふれ出したその数はTさんの人望ゆえだろう。
教えていただいた、数々の事、心にとめて、行きますね。「女性と付き合うなら、自分の年齢の半分 プラス9 以上の人」とういのが一うい番に思い出す、と言ったら、あきれたように苦笑いする、その顔がはっきり浮かびます。友原さん若き日


奄美コーヒースタート

本日、焙煎 15釜 30キロ。朝 9時半に火おこし始めて 18時半終了 9時間、昼食も抜いて 作業してました。秋になって、コーヒーの、売り上げも増えてきて、焙煎量も増えてきた。と、いうこともあるけど、一週間ぶりの焙煎であったことが、今日の長時間作業の原因。5種類の豆が、昨日一機に空っぽになてしまった。
            171113_172713.jpg

 今 奄美はコーヒーブーム。消費が増えたわけではなく、栽培が注目されている。以前からコーヒーの木を育てている人は多かった。ちゃんと花が咲き、実がなり、コーヒー豆を収穫できていて、コーヒー栽培に適した環境であることはわかってた。本格的にコーヒー生産を目指した人もいたけど、規模が小さく商業的な成功には至らなかった。
それがここにきて、本格的 を、目指す人たちが現れた。島北部の笠利で、数年前からコーヒー園を営む2件の農家がある。沖永良部でコーヒーを生産している、霧島隼人のコーヒー店主が、「奄美産コーヒー」を売り出すプロジェクトを打ち出し、生産者の組織を作った。島中部の宇検でも、島外からやってきた一人の女性の「地元産コーヒーを出す珈琲店」創設構想に、地元の人たちが協力し、その店がオープンしたという、新聞記事が載ってた、村有地に、コーヒーの苗木を植栽した記事もづっと以前載ってた。宇検にはブラジルから嫁いできた日系の人たちがいたから、コーヒー栽培に関する知識はそこから得られたのかもしれない。そして 30年ほど前にコーヒー園を作りながらも挫折したが、木だけは今も残っている徳之島にはネッスルの味の素が資金を出して、日本一のコーヒー園を作り 国産コーヒーを広めようという事業がスタートした。
どれほどの生産量が確保され、どんな味になるのかはまだわからない。そしてやはり規模が小さいから、外国産に比べてコスパはよくない。いくらで売って、利益が得られるのか。高めの価格は仕方ないが、珍しさだけでなく、その価にふさわしい品質を保てるか。私もまだそれを口にしていない。笠利の方は私の友人のA君が焙煎を担当している。そちらで手に入りそうだ。宇検も遠いけど、足を運ぶ価値あり。沖永良部コーヒーは友人が飲んだことあ。って「確かにおいしい」と言ってた。が、「高価だから普段から飲むには?」。まだ生産量が少ないから、ブレンドになっているようだ。期待はしている。20年前沖縄で始められたコーヒー農園が病害で、とん挫したように、簡単ではないだろう。島全体こぞって進めようと行きたいが、どんどん島外に出荷して広めようというものと、島でしか飲めない、島に来れば飲める というものにしようという意見。同じ目標に向かってとはなっていない。まだスタートしたところ。組織が別になったとしても お互い競い合って、よりよい美味しいコーヒーにしてほしい。


新しいパソコン購入。8年使ったパソコンは、キーボードをたたいて、デスプレイに現れるまで、やたら時間がかかる。そして、フリーズする。何時間も掛けて書いていては、睡眠負債が激増だ。早く 買い換えようと決断しながら、実行できず。「ブログ書かなきゃ、べつにいいか」ってほおおてしまってた。オフィスがついて手ごろなの。が目に留まって購入したのは6月末。設置したのが先月。今まではVista。今度のは10 まるっきり画面が違う。設定は自分でできます と、電気店員の申し出を辞退したが、まるで違うやり方に悪戦苦闘。電気屋に持ち込もうか。 でも こうしてブログは書けるようになりました。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。