店主の気ままなひとり言
珈琲工房かわもと店主の、ほとんど独り言

プロフィール

川元 正樹

Author:川元 正樹
店主です。よろしく!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



奄美コーヒースタート

本日、焙煎 15釜 30キロ。朝 9時半に火おこし始めて 18時半終了 9時間、昼食も抜いて 作業してました。秋になって、コーヒーの、売り上げも増えてきて、焙煎量も増えてきた。と、いうこともあるけど、一週間ぶりの焙煎であったことが、今日の長時間作業の原因。5種類の豆が、昨日一機に空っぽになてしまった。
            171113_172713.jpg

 今 奄美はコーヒーブーム。消費が増えたわけではなく、栽培が注目されている。以前からコーヒーの木を育てている人は多かった。ちゃんと花が咲き、実がなり、コーヒー豆を収穫できていて、コーヒー栽培に適した環境であることはわかってた。本格的にコーヒー生産を目指した人もいたけど、規模が小さく商業的な成功には至らなかった。
それがここにきて、本格的 を、目指す人たちが現れた。島北部の笠利で、数年前からコーヒー園を営む2件の農家がある。沖永良部でコーヒーを生産している、霧島隼人のコーヒー店主が、「奄美産コーヒー」を売り出すプロジェクトを打ち出し、生産者の組織を作った。島中部の宇検でも、島外からやってきた一人の女性の「地元産コーヒーを出す珈琲店」創設構想に、地元の人たちが協力し、その店がオープンしたという、新聞記事が載ってた、村有地に、コーヒーの苗木を植栽した記事もづっと以前載ってた。宇検にはブラジルから嫁いできた日系の人たちがいたから、コーヒー栽培に関する知識はそこから得られたのかもしれない。そして 30年ほど前にコーヒー園を作りながらも挫折したが、木だけは今も残っている徳之島にはネッスルの味の素が資金を出して、日本一のコーヒー園を作り 国産コーヒーを広めようという事業がスタートした。
どれほどの生産量が確保され、どんな味になるのかはまだわからない。そしてやはり規模が小さいから、外国産に比べてコスパはよくない。いくらで売って、利益が得られるのか。高めの価格は仕方ないが、珍しさだけでなく、その価にふさわしい品質を保てるか。私もまだそれを口にしていない。笠利の方は私の友人のA君が焙煎を担当している。そちらで手に入りそうだ。宇検も遠いけど、足を運ぶ価値あり。沖永良部コーヒーは友人が飲んだことあ。って「確かにおいしい」と言ってた。が、「高価だから普段から飲むには?」。まだ生産量が少ないから、ブレンドになっているようだ。期待はしている。20年前沖縄で始められたコーヒー農園が病害で、とん挫したように、簡単ではないだろう。島全体こぞって進めようと行きたいが、どんどん島外に出荷して広めようというものと、島でしか飲めない、島に来れば飲める というものにしようという意見。同じ目標に向かってとはなっていない。まだスタートしたところ。組織が別になったとしても お互い競い合って、よりよい美味しいコーヒーにしてほしい。

スポンサーサイト

新しいパソコン購入。8年使ったパソコンは、キーボードをたたいて、デスプレイに現れるまで、やたら時間がかかる。そして、フリーズする。何時間も掛けて書いていては、睡眠負債が激増だ。早く 買い換えようと決断しながら、実行できず。「ブログ書かなきゃ、べつにいいか」ってほおおてしまってた。オフィスがついて手ごろなの。が目に留まって購入したのは6月末。設置したのが先月。今まではVista。今度のは10 まるっきり画面が違う。設定は自分でできます と、電気店員の申し出を辞退したが、まるで違うやり方に悪戦苦闘。電気屋に持ち込もうか。 でも こうしてブログは書けるようになりました。

2月下旬。近い春を感じさせる奄美の陽気。陸上競技チームの合宿も佳境。
街中には 鮮やかなコスチュームのランナーが何人も行きかう。陸上競技場でも芝生のクロカンコースを黙々と走る人、息を切らせて全力で走る人、腕振りを強調しながらのウォーキング。トラックでは遠くでもその息遣いが聞こえてくるぐらいの、限界に挑むほどに見える、インターバル走を延延続ける選手。日本のトップ選手が何人も見られる。
運動公園には 今、来島している大学 実業団チームの幟が点ててある。資生堂 九電工 ユニクロ 天満屋 ホクレン 関西外語大 日清食品も来ている。東海大のエースだった村澤を、毎日のように見る、日に何度も。一日中走ってるんじゃないか、と思うほど。他にも有名選手は 天満屋のロンドンオリンピック代表で、先月の大阪で優勝した重友 資生堂ではリオオリンピック1万M代表の高島、彼女は前に所属していたデンソーが合宿してた 先月も来ていた。小柄な選手。九電工の 2014年1500M日本チャンピオンだった陣内。こちらは大柄。スター選手目白押し。でも 多くの市民は 彼等を知らない。興味を抱かないのか。目の前を走ってるのがオリンピック選手とは 気づかないだろう。それより 今日の地元紙に載ってた、九電工の濱崎優汐さんへの興味の方が強いだろう、地元の高校から実業団入りした選手。エディオンにも地元出身の西田さんがいるが、高校大学は鹿児島本土。ずっと以前には、合宿に来ていた大阪の人間科学大学の監督にスカウトされて、進学し、全日本大学女子駅伝で活躍した人もいる。濱崎さんは、中学時代から、市の体育大会や、地区大会で、ずっと活躍して、市民はその名をよく知っている。きょう昼前運動公園に行くと、その濱崎さんが、練習を終えたところだった。きつい練習をこなしたのであろう、紅潮した顔に汗が滴っていた。競技場関係者に挨拶をしてジョグを始めた。そのまま道路に出ていく。宿舎までジョギングで帰るようだ。確かにどの選手も、帰りはジョギングかウォーキング。会話しながら軽く行く。濱崎さんこんなに疲れているようだけど。でも、新聞で決意を語ってたように、やる気を増してるんだろう。中学時代から注目されてたが、強豪校には進学せず、地元に残った。今はかつてのライバルたちにみずを開けられてるが、これからフレッシュさをアピールして飛躍するだろう。

「北山杉」を聞いたYOUTUBEのページに関連動画として「京都であった人」と言うのがあった。「歌手名不明 どなたかわかる人 コメント乞う」と記されている。私はわかる と、思ったのだが、続くコメントを見たら、違う。記憶違いか?でも はっきり憶えているのだが。
ラジオの「コッキーポップ」で聞いた。だから、ポプコンに出された曲だと思う。「鹿児島出身の長渕剛くん」と言うアナウンスに反応して聞いたのだ。残念ながら 好きになれなかった。この 印象で長渕剛を評価していた。この「京都であった人」。作ったのは深野義和となっている。やはり私の勘違いか。長渕といえば「京都で 京都であった人 わすれはしーなぁい」という甘い声を浮かべていたが、間違いだったようで。
それより こんな事書いて、長渕ファンから怒られるぞ。

わかりました 長渕のデビュー曲は「雨の嵐山」これはポプコンに出された曲だ。ただ 録音をポプコン参加者のためのスタジオで行ったためで 不本意な参加だったそうだ。この曲、まったく聴いたことない。いや聞いたのだろうが全く記憶にない。同じ京都の唄で 完全に混同していた。
こんな甚だしい勘違いのこと 出したらいかんだろう。長渕ファンでもないし、彼の唄ほとんど聞く事もない。でも せっかく書いたから、消すのが惜しい。
2,3日したら消そう。

うめまつりの「北山杉」を、聞くと思いだす、京都の先輩女史。「彼女が帰省してきている」と聞いて、40年前の恋に敗れた 京都丸山公園の思い出が、今は楽しき出来事のごとく蘇る。実は この話、このブログでも書いたが、最近は、ひとつ上の彼女の同窓生達にも、語っている。で、彼女本人の耳にも入ったようだ。迷惑そうにはしてないようで。「はっきり言ってくれたらよかったのに」と、面白そうに聞いてくれたらしい。気をよくして 「北山杉」を聞いてみた。実は最近 歌いたくてギターコードを探っていたところ youtubeで見たらコードのついた歌詞が出てきてる。やっぱりいい歌 練習しよう。でも 一人で 楽しむだけかも。