店主の気ままなひとり言
珈琲工房かわもと店主の、ほとんど独り言

プロフィール

Author:川元 正樹
店主です。よろしく!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


うめまつり 北山杉

ウインターソングで好きな歌 今では、もうメディアから流れない歌 今でも
時々口ずさむ歌に 「北山杉」が、ある 1974年に うめまつり という学生グループが歌った。その当時は、評判になり ラジオでよく聞いたものだ
その後も 私が住んだ関西地方では時々流れ 私の最も好きな歌の一つになっていた。 実は、この歌の 歌詞の状況にあこがれたのだ。まず 京都が好きだった 青春色の京都のまち というフレーズはぴったりだと思った。そして
ほろ苦い恋の思い出を、ひとり振り返る 経験がしたかった。当時 恋愛に全く縁のなかった男のあこがれである。
高校時代 あこがれていた 一つ先輩の女性が 京都にいた。彼女のいとこである同窓生がいたので電話番号を教えてもらい、京都の丸山音楽堂であるコンサートに誘った。すでに 働いていて コンサートなど行く機会が 少なくなっていた彼女はOKしてくれた.
当日 うきうきした気分で、出かけた私は、当然 デートのつもりだった。
コンサートの後は 皆がするように 「鴨川の土手に座って二人だけの時間が過ごせたら」などとかんがえていた。しかし
彼女は、その気は全くなかった 尋ねてきた後輩に付き合っただけ ひさしぶりに楽しい音楽を、聴きたかっただけ 食事をご馳走になりながら、 時には
説教されながら 気分が落ち込んでいった。一人で乗った大阪へ帰る電車の中でどっとつかれを感じた。 夕食 いつも美味しく食べている 中華料理屋の
酢豚定食を、食欲がなくて、はじめて残してしまった。青春色の京都の町の黄昏と情けない思い出と 北山杉 を、どうしてこんなにもはっきり憶えているのだろう。
ちなみに コンサート中は ステキな時間だった 出演してたのは 
西岡たかし 西岡恭三と難波ひろゆきのいたカリブの嵐 茶木みやこ 今でも
大好きなミュージッシャンたちだ。
スポンサーサイト

雪が降った時に聴きたい歌?

1月11日のFC2ブログのトラックバックテーマ「ウインターソング 雪が降ったときに聴きたい歌」という記事を見て、よく 思い出すのは、1975年3月24日 夜11時頃 島根県松江駅で声には出せないが、頭の中で歌っていた「なごり雪」。受験を終えて 帰る為 ホームに並んでいたときのことです。春が近いと言われている3月の末なのにそのときは、寒かった、歌いながらふと後ろを向くとホームの屋根がない外では雪が降っていたのだ。「おお!タイムリー」と感激したものだ。この曲は、前年にかぐや姫が、歌い イルカがレコードをだしたのは、2、3ヶ月前だったと思う。若者には、よく知られていたが、世間ではそれほど有名な曲ではなかった。その歌をたまたま歌っていたことに自己陶酔していたのと 奄美大島で雪など体験できない環境にいた私にとって雪を見れた事自体とても興奮する出来事だったのだ。今から32年前の思い出。
なぜ日にちまで憶えているかというと 当時国立大は、1期校 2期校と試験日が、分かれていて 2期校の島根大は3月23 24日が入試の日だったのだ。

私は、駅伝が大好きである。当然元旦の実業団駅伝、2日3日の箱根駅伝は、風邪をひいて寝込んでいながらもTVで全部見た.
全国都道府県対抗女子駅伝は、特に毎年楽しみにしている大会である
今年も 最終区まで接戦が続くすばらしいレースだった。
岡山と京都が、このまま競技場まで競り合えばラストのスピードで勝る岡山に分があると思ってたが、なんと 残り2キロで兵庫が追い越し、ふいをくらった岡山が落胆して遅れると、冷静にまわりの状況を伺いながら後続が追いつくのを予想して心の準備をしていた京都が、兵庫にくらいつき、残り1キロでスパート 今度は、全力で前を追っかけ、やっと追い越した兵庫が、引き離そうとしながらも 付いてこられて 余力がなくなったところで逃げられたショックでもう追いかける力が出てこなかった。京都のアンカーがうまく走って優勝をもたらした。最後再び気力を出してとくいのラストスパートで順位を上げた岡山の浦田選手も すべての力を使い尽くしても と がむしゃらにあきらめずに まえを追った兵庫の勝俣選手も立派だった 高校駅伝での活躍も見知っていたが 実業団に入り逞しくなったと感心した。
さて わたしの郷土鹿児島にも驚きと感動があった、アンカーの若松育美選手
8,9年前まで強かった鹿児島のエースとして活躍した 旧姓 永山育美選手が 区間3位の好走で5人抜きを、やってのけた。32歳のママさんランナー
あっぱれ!実業団に所属はしているようだが、きっと今は、より楽しんで走っているのだろう。若い今注目されている人たちを、上回るタイムで走った強いお母さんランナーに拍手。

正月からまた風邪 年末仕事で無理をしてしまって 元日から咳きがとまらず
熱38度 食欲もなく終日コタツに頭以外の胴体をつっこんで、TVを、観るだけ。
ところが、翌二日に、親類宅に呼ばれて、焼酎を、たっぷり飲んだら体がほかほかして元気がでて 食欲もでて 好物の鳥刺しも沢山たべて、 風邪は、治っていた。なんだ それなら 元日も飲んだら良かったのだ。
しかし これで目出たしでは、なかった。 4日後、ギフトの注文が重なり、
しかも 翌日早朝に配達と 午前中の 発送のため 夜中までというより明け方まで作業を、する結果となってしまった。すると 作業途中から 頭痛がしてきて、からだがふらふらにも。ぼう~とした状態で配達をなんとかすましたら もうダウン 食べたくない 喋りたくない 何もしたくない。近年一番の
悪い体調。つらい。
風邪なんだけど 疲れていたことがこの不調を、きたしたのであろう。
そして 結論 疲れが取れないのは、歳のせい。無理が利かない歳になっていることを、実感させられた、年の初めの体験でした



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。