店主の気ままなひとり言
珈琲工房かわもと店主の、ほとんど独り言

プロフィール

Author:川元 正樹
店主です。よろしく!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


オスカー ピーターソン

私の尊敬する ジャズピアニスト オスカーピーターソン が 23日 死去
大好きなピアニストです 喫茶店を始めるとき 店名を「ピーターソン」にしようかと思ったほど。 「ガールトーク」という店名も考えたが これも あの 小さな女の子がはにかむように笑っている ジャケットの オスカーのLPレコードからとったもの。
そして 一番好きなレコードも オスカーピーターソンの代表作 「プリーズリクエスト」
レコードに針を落として 最初に聞こえる 「タラン タラン」という 「コルコバード」のイントロ
に、気分が踊ったものだ。裏返して B面の you look good to me 続いて イパネマの娘
に進むと もう 最高。 同じものの CDも 買ったので 今は レコードに針を落とすことは
めったにないが スピーカーから 聞こえた時の 気分は やっぱり最高!
レコードのほうは これからずっと宝物にするつもり。
映像で 彼の演奏を見た時の姿も ずっと 目に焼きついている。大きな手がソフトに鍵盤を
たたく、ほんとに軽やか 大きな手は、指を広げて鍵盤に乗せるだけで オクターブ半ぐらい
違う音を同時に出せる だから そんなに手をめまぐるしく動かさなくてもよいのだろう。
そんな大きな手の指が ときには ぶんぶん蜂が飛ぶような信じられないくらいの早い音の
転回を、作り出している
その一音一音が、確かな音ではっきり 聞かせてくれている。「プロなんだから」だろうけど
プロであることの一段高い領域の音楽に思えてしまう
ベーシストの水橋 孝さん ドラマーの村上 寛さんと一緒に ジャズ喫茶で 「プリーズリクエスト」「ソウル エスパニョール」を聞いたことがある 水橋さんが リクエストしたのだ。
その時 日本を代表するジャズベーシスト 水橋 孝が「オスカーピーターソン完璧だなあ」
とつぶやいたのを 今でもはっきり憶えている。
一流プロミュージッシャンたちからも畏敬の念を持って語られる オスカーピーターソン
亡き この後も わたしは、20数枚のLPレコードと10数枚のCDで、接していける。
ずっと わたしを やさしく 心地よく 爽快にしてくれる 空気のように大事なものがオスカーピーターソンの音楽だ。

スポンサーサイト

美味しいものは 高い?

昨日の新聞で、ミシュランの東京版がすごい売れ行きで 増刷分も 売り切れの模様と書かれてあった。2000円あまりの雑誌だが みんな興味があって買ってるんだ。
しかし 雑誌を参考にして掲載された店に食べに行ってみようというのではなく ほとんどの人は、一流の店と言うのは どおいうものか 知りたいという理由で買ってるんじゃないだろうか。三ツ星のお店は、一皿ン千円 お一人様 ン万円の食事を出している所ばかりのようだ。
それ以外の店も そう 頻繁に食べにいける 値段ではなさそうだ。雑誌に載ってるどこかの店に 一度は行ってみようと希望しているのが、ほとんどだろう。
おいしい食事を 味わうと 人間が豊かになるのは確かだと思う。 三国 清三 や 片岡 護 や 陳 建一は、 私が尊敬する 料理人で、 彼等の作った料理を経験すると 人生観が
変わると言う意見も 耳にする。テレビなどを見ていて料理の素材にあわせて その旨さを、最大限に引き出す料理法にいつも感心している。 食べれる日が来ることを 願っている。
 ただ 「高級素材を使わなければ 美味しいものは出来ない」と言う意見があると 「高級なものを使うのだったら 美味しいのは 当たり前だろう」と反発したくなるのだ。もともと 卑しい精神しか持ち合わせぬゆえ 仕様がないのだが、平凡な素材を 驚くほどの美食に仕立てあげる 技術を目の当たりにすると、もう 感激の極みだ。 賢島グランドホテルの高橋シェフが
つかこうへいとの対談で 「美味しいものを食べようと思ったら 1万円はかかる」といってた
25年以上前の対談で、毎日 300円のチャーハンや350円の定食を食べていた私も 「いつかは、そんな高級料理が食べれるようになるだろう」と思っていたが、いっこうにそんな余裕のある生活などできそうにないと悲観すると、考えもひねくれてきて 以前は尊敬の目を向けていた高橋氏にも「平民が美味しく食べれる料理も作ってみろ」と言いたくなっている。
500円からせいぜい1000円くらいのラーメンについて 一過言持ってる人は多い。各 ラーメン店は研究と工夫で 美味しいラーメンを追求しているのはわかる。ありふれた食材で 労力と時間をかけてみごとに客をうならせる一杯には、感心させられる。しかし 有名店になると
その分 値段が上がってるのはどうも腑に落ちない。立地条件がよいと家賃が高くて それを
商品に転化せざる得ない。それでは、立地のよさが繁盛店の理由になって、味で客をひきつけているとはいえなくなる。求められるのは 限界効用による満足度。この金額を出せばこういう美味しいものが食べれて満足できる。高いお金を出して おもったほどの満足が得られなければ「あまり 美味しくなかった。」と判断してしまう。なかには 味なんか気にせず ただ沢山食べれたら満足と、言う人もいる。ただ生命を維持するために食べてる 動物のようで 感心できないが、彼等こそ 食する量に対価を払うという効用で食事を判断する。
書いていることが 上級消費社会に対するひがみになってきているが、要するに 感性と技量で我々を、満足させてくれる「安くてうまい」を コンセプトにした店が中心になる社会を望んでいるわけだ。私は いま ほとんど外食しない。支出に対して満足度が少ないからだ。
満足して食べているのは 食材の代金だけで食べれる 自分で調理した パスタや麺類 野菜炒めや煮込みなどだ。これを食べ終わった時には、幸福感を味わってる。でも 他の人に
食べさせても 私と同じように満足してくれるかと言うと 自信はない。私の満足と 他の人の
満足では 質が違うかも だから わたしは 高級料理店で幸福を体感する人達のことが理解できないのだろう。


女子駅伝 ママさん選手に拍手

全日本実業団女子駅伝 毎年 楽しみにしているレースだ。
今年も 十分にエキサイティングなレースを見れた 評判の選手が実力どおりに走り 評判の高かったチームが実力を発揮して優勝した と言う結果だが 上位チームは順位の変動が
激しかったし 私の注目していた選手の快走など 興奮させる場面も多かった。
一区では、一月の都道府県女子駅伝で見事な追い上げを見せた 勝股選手が中盤から飛び出しトップで中継した。2位でつないだのは 鹿児島出身の岩元選手と、まず 期待した二人の快走が見れた。3区で 人気者渋井選手が 冷静に走って追い上げトップに立つ。ホクレンのケニア人選手の16人抜きとか すごかった。 5区で暫く テレビから離れてしまっていたが、その間に トップと2位の差が、40秒以上に開き 体制が決まっていた 昨年 最終区で
 弘山選手に競り負けて悔しい思いをした大崎選 が、見事に 結果を出し 借りを返した。
この区間の区間賞は、あの福士だったが 2位に ママさん選手の赤羽選手が7秒差で競った。赤羽は、千葉駅伝でもアンカーで、ケニアを逆転し 日本を優勝に導く活躍をしている
。日本でもこういうベテランのママさんランナーが往年の力を保って 第一線で活躍するようになった事は、うれしいことだ 第一回の東京女子マラソンで、40歳のジョイ スミスが優勝した時 日本では 結婚後も競技を続ける女性はほとんどいなかった。クリスチャンセンがレースに子どもをつれて来て、自分の力走を子どもに見せている姿を「母は強し」と、マスコミは表現してたが ヨーロッパ人の 強さで 日本人には無縁のように思えていた。やっと 日本でも
環境が整って 既婚者ランナーが一線で活躍できるようになったのだ。
今日の最終区でも あの 若松 育美選手が やってくれた ゴールの様子を実況していた
アナウンサーが 「4人抜きで チームを10位に上げた ママさんランナー若松」と 声を張り上げていた。これだけでも 見ていた私は 満足。
次は、高校駅伝 楽しみは 続く。

川崎選手

日本野球 オリンピック出場 アジア選手兼優勝
昨日も今日も ハラハラしながらずっとテレビで見ていた。最後は 日本球界のトップ選手たちが、実力を発揮して 貫禄勝ちだった。
ロッテの西岡 と ホークスの川崎は、WBCの時もそうだったけど ずっと出ずっぱりだ。とりわけ 他の選手よりすごいと言う印象はなかったが 守備を見ていたら なるほど ジャパンのメンバーにふさわしいと思った ひとつひとつのプレーに魅せられ、歓声を上げたくなる。
その世界にその名を知らしめた川崎選手は、数年前まで この 姶良町に住んでいたのだ
彼が高校生の頃は 私も鹿児島の店へ電車で通勤していたから 車内で、会っていたんじゃないだろうか 鹿児島工業の名の野球バッグを持った生徒はよく見かけていたから。
彼は、春先の自主トレは、ふるさとへ戻って 姶良球場で毎年行っている。
(もう 話してもいいだろう) 実は 娘が勤めていた サンピアあいらに 宿泊していたのだ
ホテルの方では 外部には知られないようにと 一般客が立ち入れないフロアの部屋を用意し廊下も職員用の通路を使用させていたそうだ。はじめは 知らなかった娘は 職員しか入れない場所を短パン姿で筋肉がはちきれそうな足の 見知らぬ男が歩いていて 不思議だったが「お疲れ様です」と、一応あいさつすると 相手も 同じように挨拶を返してくれたそうで
あとで 聞いたら 川崎選手だとわかったそうだ。TVで見てるとほっそりしてるように見えるが
実際はすごい筋肉を持ってることがわかり、なるほど 俊足のはずだと 感心した
ただ 川崎君本人は あまり 自分が特別な存在とは思ってないようで 平気で 一般の人達と一緒に 温泉に入っていて 湯上りに レストランを利用したひとが 「温泉で頭を洗っていたら 隣で 川崎があらってた。」と 興奮して話てたのを 聞いたりしたようだ。
ホークスの中でもとりわけ人気者の彼 こういう 気取らず人懐っこいところが魅力なんだろう
野球に取り組む真摯な態度もあって 野球関係者等も注目するのだと思う。
日本代表としてみていたが 地元の出身選手として これからも応援しよう。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。