店主の気ままなひとり言
珈琲工房かわもと店主の、ほとんど独り言

プロフィール

Author:川元 正樹
店主です。よろしく!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「沖縄ノート」裁判

大江健三郎が被告となった「沖縄ノート」の記述に関する裁判で 大阪地裁は原告の請求を全
て棄却する判決を出した。大江文学の信望者のわたしは 少し 嬉しさと安堵を憶える 少しと
言うのは、例え 裁判結果がどうであれ 大江文学の 評価に影響は全くないことを 確信して
いるからだ。
判決では、駐軍隊長だった原告が島民に 自決することを命じていないとしても 軍の関与は
明らかで 住民等が 命令を受けたと主張する 根拠となる事由は 多数存在していて 被告
人も その証言から 命令の存在を認めるのは理に適うと言うことだ。
隊長でない他の軍人が言ったとしたら 徹底した上意下達の軍隊の構造から 隊長の命令と
人々は考えるだろう 「私は、貝になりたい」のなかで 言われた 「上官の命令は 天皇の
命令として 絶対に逆らえない」と言う台詞は、相当な誇張としても 軍組織の 構造を 明ら
かにしてくれる。 昨日の新聞に 原告に提訴を促した元軍人の 投稿が、出ていた。「当時 
捕虜になる前に 自決すべしという 風潮が 国民全体にあった 自決は 本人の意思でやった
もの」と言う意見だ。そういう風潮は、軍と軍の為の教育が 作ったものだろう
現在だったら そういう風潮を知ってる 隊長は 自決を止めさせる行動をしていなければ 無作
為を罪として問われることだろう。
判決で 集団自決があった場所には必ず軍がいた 軍のいなかった場所では 起こっていない 
と述べている 軍の存在だけで 住民は 自決するしかないという 脅迫観念に襲われたのだろ
う。命令を発した事はなくても 住民は 逆らえない軍の意を あきらめてくみ取ることしか出来な
かったのだ。
原告等は 自分が残酷な命令を出し不幸な事態をもたらしたと、されることを苦痛に思い 提訴し
たものだろう。戦時の阿鼻叫喚の状況を体験し知っている。集団自決の悲劇、惨さも認識してい
るきっと 「二度と戦争はしてはいけない」という信条は持っているだろう。裁判はあらためて 戦
争の残酷さを認識する機会にしなければならない。4000人の兵士が死んでも なお 「戦争は
正しかった そして 勝利した」と威勢を見せる どこかの大統領は、兵役逃れを企んだらしい 
やったかどうかは、あいまいにされたが 戦場には、戦闘員としては 行ってないらしい。 こうい
う為政者の戦争論こそ 否定しなければならないと思う。日本の政界でも 長老といわれる 人
達は たとえ タカ派といわれても 本人が 戦争を体験していれば 軍事行動にはより慎重に
なっている。問題は、40代 50代の議員等が 野党であっても 集団的自衛権を主張したり 戦
力の国外進出を 訴えたり 国のメンツとか国際的立場ばかり重視している。「自分達は 戦場に
行かなくていいと思って、簡単に言うな」「もし戦争に参加するなら 決めた 政治家が真っ先にい
け」という 世間の声には 「そうだ そうだ」と同調せずにいられない。
死ぬ確立がグンと高くなる戦場になんか行きたくない。敗戦で不幸な事態になるのもこの国に
生まれたのだからしょうがないといわれたくない。人にいわれて 自決するのも戦争だから仕方
ない、なんて、絶対 受け入れられない とにかく 戦争だから 人は沢山死ぬんだなんて 当た
り前のように 決め付けられる状況の時世には、してはいけない。
裁判で 明らかになったのは 戦争になると 絶対あってはいけないことが 起こってしまうのだ 
ということ。原告も被告も戦争があった故にこの裁判に関わらなければ成らない不幸な身になった
ということ
スポンサーサイト

髪型は自分で決めるもの

奄美では 今 中学校の 校則による 頭髪丸刈り強制について 盛んに論議がなされているらしい
全国的には 10数年前に既に決着した問題だが 奄美ではまだ続いている
報道から推測すると この機に 頭髪自由化に転じるような雰囲気ではある
しかし 以前に 各地で検討され 結論付けられ さらに 最高裁でも裁定のあった 丸刈り強制の
不当性が なぜ 奄美では取り上げられなかったのか。
校長の発言で 「奄美の伝統」と言う意見があった 伝統と言うほど 格式高く 皆がありがたく迎えるものだろうか昭和44年までは 高校も鹿児島では 一校を除いて 全て男子は丸刈りだったそれを 生徒の総意であることを尊重して 長髪自由化したのは 奄美の大島高校が最初だった。奄美の伝統という認識じゃなく 丸刈りでないと通学できない 脅迫にしたがっていたまでだ。
「中学生らしい爽やかさ」と言う保護者の意見もあった 他の 圧倒的多数の中学生が丸刈りでない現状況では、全く的外れだ。 結局 大人が 子どもを指導するという大儀で、大人に便利な丸刈り強制を続けているに過ぎない。子どもを指導するにしては 小学生が自由である理由の説明がつかない。「中学生になると大人ぶった悪さをしかねないので、それを防止するのにこうかあり」という失礼な意見もあった。そういうものに限って 「自分の子そんな悪さはしないけど」と内心思ってるんだろう。 散発代が助かると言う意見も、小学生は 子ども料金だが 中学生になると大人料金が掛かるので 安い丸刈りは助かる  こんな都合による 丸刈り賛成もあるんだろう
どんな理由をつけても 説得力がない 狭い了見の理由をつけて 生徒を抑えこみ 反発されるより生徒の自我を尊重して自由にさせたほうがいい 自覚を持ち成長するとともに 子どもの 新鮮な内面も 顕著になってくると思う。校則だから守れ と 威圧しても 憲法に反する規則は 当然無効だし 最高裁は、校則は必ずしも従わなければならないものではない と 過去に 発言した
私は 熊本の中学にいて 3年の3学期に 奄美の公立中に転校した。 校長は 私の 叔父だった。叔父の校長としての意見は 「親が 子どもを丸刈りにさせない といえば しなくていい」
丸刈りを拒否するものに 強制は出来ないということは 認めていた。当時は、県内 丸刈りの校則がほとんどの学校で支持され 異議はでなかった。おそらく 時勢が変わった現在の教職員もみな その認識はあるんだろうが 自分の任期中に 制度を変えたくない という かってな考えで 自由化の要望を拒否してきたのだろう
公立中は居住地によって 通学する学校が 決まってしまう そこに住んでいるから この学校 で、あちらの学校より 不利益が 生じる と 言うような事は 極力避けなければならない。
本当は 制服についても ここに住んでいるから あの服を着ないと 通学できないと言うのも 理不尽だと思うが。ここで論じると 際限なく 不当事象が出てきそうなので 今は止めよう
私の 結論は、丸刈りの強制は、人権侵害であり 子どもが丸刈りにしたくないといい、親もそれを尊重するなら 長髪で通学してかまわない という事 義務教育である 学校  自治体は、子どもが勉強のため 通学し易い環境を備えなければならない。 もし 長髪であることで 不利益をうけてはならない いじめの発生も 解決の責任は学校にある   奄美の中学生諸君 安心して 自由な頭髪で学校に行こう。




メールの功

出水に行った娘と 毎日 メールを、交換している。
昨年末に 新しい職場に転じて 遠くに行ってしまった 娘とは、初め 毎晩電話で話していた 
家にいるときは、顔をあわせても 一言 二言 会話するだけだったが、会えないと 恋しくて 毎回
30分以上 電話で会話してしまう。 娘は 携帯電話しかないので こちらも 携帯でかける。同じように 母親もやっている。そんなわけで 1月は、大変な額の 携帯電話の請求書が来た。
娘から 「メールにしよう」と提案された。親としては 可愛い娘との会話のためなら お金が掛かっても仕様がない と思うのだが 娘の方が 心配している。
私が 毎日 娘に メールを送り 娘から 返事が来て それに さらに返事を返す と 言った具合
メールの仕方がわからない母親は ぐんと 娘との 対話が、減った。私が教えようとしても 面倒がって憶えない。私から 教えられたくないのかも 対娘 という事では、敵対関係ということか。
PCに届いた メールを 時々 プリントアウトして、母親に見せている たまに 一人暮らしをして 判った親のありがたさ に 感謝の言葉があったりすると 「こんな風に考えているなんて嬉しいね」と喜んでいる。母親からの電話は、ほとんど愚痴だったようだ。亭主の私に話しても 何の反応も返ってこないので、娘だけが聞いてくれる相手だったわけだ。 娘はそれに ただ あいずちを返すだけで 自分のことは 近況報告だけにしていたらしい 私相手のメールでは 自分の内心や悩みを、打ち明けるので、娘の思いがけない 言葉に 驚いたようだ。直に言葉では、言えなくても メールなら思い切れるんだろう。聞かされなくても メールで 意思が伝わるなら これは メールが断然いいと思ってしまった 母親が メールを憶えて 娘に何か伝えようとする時 感情そのままの文章を作ることは ないだろう、冷静になって相手のことを考えて 通信するだろうから 受信者にしてもよい結果になる。
相手の顔を見て話さないと、伝わらない大事な内容の話もあるだろうが、普段のコミュニケーションを遠隔者と、とるのに メールはいいな と、思うこのごろです。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。