店主の気ままなひとり言
珈琲工房かわもと店主の、ほとんど独り言

プロフィール

川元 正樹

Author:川元 正樹
店主です。よろしく!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


土曜日 NHK BSで放送された フォークソング特集を見た感想を すこし。
 高校 大学時代 よく 聞いてた 曲ばかりだった。
コンサートによく行ってたのは、加川良 山崎ハコ 岡林信康。 五つの赤い風船は、
既に 解散していて 見てないが 西岡たかしは何度も見た
加川良 岡林は、風貌も やること言う事 昔と変わらない 
西岡たかしは容貌が変わってしまった 言う事は変わらないが。
山崎ハコは容姿は変わらない。ただ昔は、ほとんど笑わなかった 喋らなかった
今のように 笑顔で歌うことはなかった。細い腕を一生懸命に振って ギターの
ストロークをこなし 華奢な体から 声を絞り出す。見ていて 痛々しいものに感じられて
応援したくなる演奏スタイルは 、今も同じ。フォーク界のアイドルの地位は健在
加川良は果たして何を歌うか 「伝道か 下宿屋か それとも、 教訓はないだろう」
と、思ったら なんと教訓を」歌い始めた。「お国にだまされるな お国は無責任だ」
と歌うこの曲を よくぞ歌わせてくれた NHKも変わってきたかな エライ!
フォークの達人で既に歌っているが イルカやダカーポ 谷村らと同じステージで
は、この曲が際立ってしまいそうで、歌うのは避けるだろうと予想していた
昔と同じ 生ギター一本で、歌ってくれた。
今の岡林信康は、日比谷野音でのコンサートの映像を見たので それ程 驚きはしなかったが  
こういう TV番組にも 出るようになったことが 以前とは大きな違いだ。
コンサートで よく 余興の程で、春日八郎や三橋美智也のうたを 披露していたが
いま お囃子や 三味線をバックに歌う エンヤトットは、岡林のフォークとして 公に
認知されている。
もうひとり、懐かしかったのが 石川セリ。 「八月の濡れた砂」は映画も見て大好きな歌だ。
昔は、有線にリクエストしても 石川さゆりと間違われて 「そんな歌ありません」と いつも
言われていた。今は 井上陽水の夫人として 知られているが、シンガーとして復帰した
理由が 「地球温暖化防止を訴えるため」というのも わたしを満足させる台詞だ
「フォークの達人」の下田逸郎のゲストとして 登場した時も そういうことを訴えて
活動を再開すると言っていたが、こういう 世に訴える主張をしてこそ フォークシンガーだ。
破廉恥な政治家に取り入ったり 行政の長に お願いをして コンサートをやる歌い手もいるが
反骨精神で 世の理不尽を 訴える 使命を持ってるシンガーが私は好きだ。
TVの画面に現れる 客席の様子は若も老も いろいろ 私と同じフォーク世代ばかりじゃな
かったと思う でも 歌い手と一緒に口ずさむ多くの人は 青春とフォークが重なる人達だろう
高齢に見えた人も もしかしたら 同じ世代なのかも。私たちの世代は 既に そういうふうに
見られる 世代になってるのかもしれない。
だけど
フォークがあれば フォークを歌えば 直ぐに 青春に帰れる 取り戻せる 実に 幸せな
世代なのだ。

スポンサーサイト

不快な夏の夜の言い訳

風邪を、ひいてしまった。
頭が、ぼ~っとする まぶたが、おもたい。鼻から 熱を帯びた 酸っぱい感じの
息が 出てくる。
でも 夏だ 気温は高い! 暑い 扇風機の風に当たる。暫くすると 寒気を感じ
止める。そして また 暑さを覚えて 汗が噴出す。また 扇風機をつける
肌に 付いた 汗で、冷たさを感じる。
こうして 皮膚に極端な 冷と暖の刺激を受けて 風邪は、 延々と続く。
「夏風邪は、長引く」 こういうことだ。
永く 書き込みをしなかった 言い訳に 風邪を使おうと、思ったが「いくらなんでも
一ヶ月も 風邪で書けないということはないだろうと」 と、 誰でも思うだろう
書きたい事は、いくらでもある、パソコンに向かって I.Eを起動させると つい
いろんな ブログ を、読みふけったり you tubeの画面に熱中したり ニュース
記事を読んだり して そのうち 眠くなり 、 「今日は もういい 明日にしよう」
と、なる のが、 理由です。 
冷房設備のない 工房にある パソコンは 昼間
使ってると すぐ ダウンしてしまう 業務以外に使う余裕はない。
名瀬の 屋仁川にある 「居酒屋 一村」にあった 張り紙を おもいだす 
「今日出来ることも 明日やろう」
一村 の店主も私と同じ年で、似たような輩 明日やろうを、繰り返してるんだろう
言うことを聞かず だらだらと 夏休みをすごす娘に小言を言うと おなじように
「後でやる」「明日やる」と 言い返される。
こうして 不快な夏の夜が日々 繰り返され、早く 寝て身体を休めればいいのに
こんな 夜更けまで パソコンをいじって 不健康な私の風邪は まだ 延々と続く
ことでしょう。
フォークソングの話を書こうと思って、ブログ を開いたんだった。長くサボった言い訳
をしてから と思ったら、 いい訳ばかりになってしまってる。オリンピックのことも
街のことも いっぱい 叫びたいことがあるのに。
今日は、もういい あしたにしよう と、いつものように 終わる。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。