店主の気ままなひとり言
珈琲工房かわもと店主の、ほとんど独り言

プロフィール

川元 正樹

Author:川元 正樹
店主です。よろしく!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


筑紫哲也の言葉

筑紫 哲也を、初めてテレビで見たのは、73年「こちらデスク」だった。
先ず 印象は、かっこよかった。名前は知っていた。たぶん 記事を紙上で、
読んでいただろう。学生だった私が目標としていた、知的な大人の模範だった
筑紫哲也の一方に偏らない 取材や報道は このときにも 実行されていた
朝日新聞に批判的な 雑誌記者や評論家を、スタジオに招いて、その主張は
「こちらデスク」で、放送された。イラン革命の真っ只中 イランの強行イスラム
原理主義者による アメリカ人人質事件では、国際世論が イランの蛮行として
非難していて、私もイラン人以外のほとんどの 人は、事件を非難していると
思っていた。たぶん そうだったのだろう。筑紫は、非人道的な行為と、認めながらも
「我々 先進国の人間は 今まで このイランに 何をしてあげていたのだろうか」
と、 イランの側の不満も、報道していた。
朝日ジャーナルは、づっと読んでいた。筑紫哲也が、編集長のときも それ以前も
その後も下村満子編集長で、終わるまで、朝日ジャーナルのスタンスは変わらず
権力の横暴、社会の矛盾を、糾弾していた。筑紫編集長の企画で、印象に残っている
のは、「こんなものいらない」というシリーズ。行政の無駄や、非効率な仕組みを訴えていた
大橋巨泉が、日本テレビの番組の中で おなじ 「こんなものいらない」という という
タイトルで 番組か 1コーナーかは憶えてないが 検証をやっていた。大橋が、「これは、
朝日ジャーナルのシリーズをまねた」とはっきり言っていて、ゲストに筑紫も呼ばれたことが
ある。まだ朝日新聞の社員だった筑紫が 読売系の番組に出たことで、日本のジャーナリ
ズムが健全である証と 大橋が言っていて 私も同じ感想を持ち、今思えば 筑紫哲也
と言う人が、その時多くの人達に 影響を与え 支持されていたかと言う事でもある。
TVのニュースキャスターになってからも 私は 筑紫哲也の言葉を求めていた。「多事争論」
は、楽しみで 必ず見ていた。久米宏の番組が、始まったのも 同時期で、こちらも 久米の
辛口な論評で人気番組。一時期 久米宏の直接的簡潔発言が、 筑紫の知的深層表現より
判りやすいと 久米を支持した時もあったが、筑紫の言葉に反発や落胆することは決してなく
づっと 私の社会を読み解くガイド役となってくれていた。
その筑紫が この世を去った。喪失感というものを意識したのは、私だけじゃない、青年期に
社会の理不尽な部分を見知った者のほとんどは 同じ思いだろう。筑紫哲也が、訴えた
言葉は、づっとこれからも、我々に残り、彼の感性を取り込んで 権力の横暴や、社会の理不尽
非効率な仕組みを監視し、世に問う意識に昇華させなければと思う。
朝日ジャーナルで 筑紫がはじめた テーマに「若者達の神々」という 時代の寵児等を紹介する
コーナーがあった 今 筑紫哲也の言葉こそ 私には、「神々の声」というに値する。


スポンサーサイト

不信を招く欺き

中国政府は、チベット仏教の最高指導者 ダライ・ラマ と、今後 会うつもりなど 
全くないと 表明した。 初めから まともに ダライ・ラマと、政治的な話をする
つもりはなく、北京オリンピックを成功させるため、世界に 民主的な政権運営
が、行なわれていると アピールする為のポーズだったようだ。本当はこんなこと
どの国もわかっているんだが そのポーズに妥協して 面倒な事態を避けようと
していた。オリンピックが終了して 堂々と 本音を言える状況になったのだ。
先進国を振り回す厄介なあの北朝鮮政府も、援助を得る手段として 相手国
を喜ばせるような 本心とは乖離した 提案をよこしてくる、目的の利益を得た後は
難癖をつけ あるいは、意思のけん欠があった様に主張して 自らの責任は、
果たさない。これも 皆 北朝鮮政府のやることは、予想できて 憤慨するが、
交渉担当の組織が、面倒を裂けたくて 呑んでしまう。
こういう策を、施す輩は 世に多い。相手を安心させ 満足が得られると思い込ませる
言動を見せて、後になれば 「そういう意味ではなかった」と 主張する。
身近な例で 建築業者が 工事施工にどうしても必要な 技術者を、工事完成後には、
ボーナスを奮発するからと 引き抜いておいて 工事完成が近づくと 「赤字になりそうだ」
としきりに言い始め、通常の賃金しか払わなかったと、当の 技術者が怒っていた。
勤めていた 企業でも 労組との団交で、「大手並みに頑張って営業成績を上げれば 
君達の生活も豊かになる」と、期待させながら、後の交渉では 「規模の小さいうちが 
大手と同じ給料を出せるはずないだろう」と、落胆させた。こういうことを、予想できても、
労働者は「会社が存続せねば われわれは 生活していけない」と 甘い言葉を理由に
妥協する。
わが国の国会は もう解散して 選挙が終わっているはずだった。首相がそお匂わせる
発言をしていたのだから。選挙をすれば逆転して政権を奪取できると期待する野党は
早く解散してもらうため 以前は反対していた重要法案に、抵抗することなく 成立させた
政権をとるためと、主張を変える、野党も愚かに思えるが、 その後 解散の意志を引っ込
めた首相と与党の、法案を通すための 策略だったんじゃないかと、勘ぐりたくなる。 
ただ こういう人達を、今後も信頼していくことは出来ない。交渉時に相手の主張が、甘ければ
裏に何があるかを見極めないといけない。にこにこ笑顔で 会見している その腹の中を
疑わざる得ない。首相が、提案している国民への 金銭支給、鳥越俊太郎氏が、「選挙用
事前買収」と言ってた、露骨な、方策だが、3年後に上げると言っている消費税を 事情が
急変したといって 来年上げるかもしれない。そうなれば 家計の支出増は、貰った1万数.
千円より、何倍何十倍も大きい金額だ。野党の反対を理由に支給制度が、廃案になって
国民の利益を 野党が奪ったと主張するつもりかもしれない。とにかく 信用できなくなる。
国民を喜ばそうと 提案することの裏を常に疑わざる得なくなる。嘗て 選挙前に「必ず減税
をします」と言った首相がいた。選挙後 約束どおりに減税してくれた その額は、一家庭
年間 数百円だった。これで 暮らしが楽になるか ばかにするな と、怒ったことも 思い出す。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。