店主の気ままなひとり言
珈琲工房かわもと店主の、ほとんど独り言

プロフィール

Author:川元 正樹
店主です。よろしく!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


大場久美子の再婚が話題になっている。
いつまでも若々しく 美しい彼女に 世の男性どもが、注目してたということなんだが、相手との交際の始まりが、ブログへのコメント投稿だったというのが 一番の驚きだ。
大場久美子のブログ エトセトラは以前 よく見ていた。コメントの書き込みはしなかったけど、昔から好きなタレントだったので、その本人の文章をワクワクして読んでいた。確かに コメントの書き込みは多かった。いたずらや 中傷もあって、閉鎖したこともあったようだが、大場自身が毎日 更新していたので、なかなか人気のブログだった。久しぶりに 読んでみて、珍しく 長い文章が、あった。母親の命日に、その死に至った、事情について医師に対する憤懣だった。最愛の母の死に対する疑念や疑いを、芸能人の立場上 封印していた。それが彼女を苦しめ心の病にもはまってしまった。思いきって 勇気を持って、爆発させる如く、吐き出したことで、胸の暗い部分が晴れ、自身の意識を明るい能動的なものに変化させ、結果 幸福を目指す 結婚に繋がったのだろう。ブログという手段が、彼女を救い、幸運をもたらした。
他にも 芸能人のブログを 以前はよく読んでいた。 辺見えみり 戸田恵子 瀬戸カトリーヌ 清水ミチコなど
今は 清水ミチコの4325を 時々読んでいる。これは面白い。瀬戸カトリーヌの文も 楽しい。読み応えあるのは 早大院生だった 秋吉久美子の世界の名格言にちなんだ哲学のブログだが 今は更新されていない。
最近のブログは コメントでなく ツイートになってる。昨日 東京の山元順公が「ジュディ オングにツイートしたら 返事があった」と 嬉しそうに電話をよこした。私がコメントした芸能人は 柴田容子さんだけだが、返事を貰ったときは、お近づきになれた と 喜んだ。いろんな 注目のタレントに 遠慮なく話しかけられる、機会が持てるのだから やってみればいいことあるかもしれない。大場久美子のお相手のような幸運を得る事は、難しくとも。

スポンサーサイト

シンガー フユミ サカモト

14日 朝日新聞の 歌の旅人は、「また君に恋してる」ただ この記事 歌よりも 歌手 坂本冬美を特筆している。彼女の育った 和歌山 口熊野の紹介、彼女の歌手としての経歴。「また君に恋してる」を歌うに至ったエピソードなど。
麦焼酎いいちこ の CMソングとして ビリーバンバンが歌っていたのは、広く知られているが、2008年に、坂本冬美も
街のナポレオン いいちこのCMでこの曲を歌い。CDに収めたところ、話題になったということ。ヒットしたのは「偶然」だという。
私は、演歌は、ほとんど聞かない。今はあまり聞かない。少年の頃は メディアから流れる歌は、みな ジャンルもなくひとくくりだった。のど自慢 で、「ジャズ シャンソン 歌謡曲」がひとつのカテゴリーになってたように。だから 以前は良く聞いてたし、嫌いではない。懐かしい演歌は 懐かしい歌謡曲で、今でも懐かしく聞いている。坂本冬美の場合、懐かしい歌手では当然ないのだが 以前から好きなシンガーではあった。注目したきっかけは NHKのトップランナーに出てたのを見たとき。落ち着いた語りで 面白い話題に聞き入っていた。金沢 能登を、旅行したときに「能登はいらんかね」という歌を紹介された。すごくうまい歌手という認識は持っていたが、好きになったのはなんといっても 「スターダスト」を聞いてから。以前も書いたことあるが、うまいんじゃなく情感豊かに 表現してくれている。日本人が星屑を臨んでものを思うとき、こういう風に口ずさむだろうと、納得させられた。テレビで 藤あやこと カラオケをやってるのを何度か見た。うまいのは当然だが、楽しさがあふれ、皆を引き込んでしまう。
演歌歌手だが、シルエットロマンス や こころもよう も 歌ってる。忌野清志郎と、ユニットを組んで活動してたことも 今はよく 知られている。この 清志郎との活動が 「また君に恋してる」を 歌わせてみようと、CM製作者に思わせた。ディレクターはただ 歌がうまいから という明瞭な理由だけで 彼女を抜擢した。
かくのごとく 坂本冬美は魅了的なのだが、この 演歌歌手にこれほど心頭している、自分にも、今 驚いている。横で いろんな カバー曲を 聞いているが、みんな いい。カバーだけど 坂本冬美の歌だ。

自己啓発もいろいろ

テレビで 若い女性タレントが「将来のために 資格を持ちたい」と、言っている。芸能界を引退後、次の職業に生かすためだろうと 思いきや、「芸能界で生き残るため」だと言う。特殊な能力を持った芸能人を目指すらしいが、一人が「マージャンの強いタレントになるため 雀荘に通っている」ひとりは「危険物取扱いの資格を取って、危険物処理のできるアイドル、見たいな者になりたい」
今の アイドルブームは 2年くらいで 終わってしまうと考えているようで、その後のことを考えているのは、頼もしいのだが、芸能の技量を磨くんじゃなく、ものめずらしさで受け入れてもらおうという考えが、面白い。しかし テレビを見ていて、「こんな 話のうまい子なら 其れで 大丈夫だろう」と思った。
一般の職業においても、業務外の たとえば趣味の分野が役立っているようなことは 多い。ビジネスマンがゴルフの腕前で 注目されたり。
飲食店では、店主の魅力が大きく経営結果に反映される。歌のうまいマスター、 楽器のできる人。これらはその商売といくらか 関係があるけど、教育相談のできるマスター とか、 法律に詳しい店主。町のならず者達を良く知ってる人もいたなぁ。若い娘達にとっては、恋愛相談が出来る人がありがたいらしい。これからだと、年金に詳しいとか、防災グッズに精通とか、ありがたがられるだろう 。ブームの漢字を良く知っている人、パソコンに詳しい、こういうのが流行るかもしれない。
実際の職業に関しての 知識は 当然持っていて さらに という事だ。コミック レモンハートのマスターのように 世界中の酒を知っているという領域にまで 達してたら それで尊敬されるだろうが、その上で 顧客に喜ばれ、他人の役立つ技量や知識を持っていれば、多くの人たちにアピールできて、仕事上の利益にも繋がる。私の場合 「若い女の子のことなら あいつに聞いたらわかるよ」と言われてたけど、これはわたしの楽しみの域で、終わり、 利益には繋がらなかった。

放課後の校庭が青春

ラジオで、歌の歌詞を批評、解説していた。興味を持って聞き入ったのは 「初恋 村下孝蔵」
この歌を推薦した男性が、「歌詞のどこが」という問いに、「放課後の校庭 これが全て」「放課後の校庭は 青春そのもの」これをうけて 女性タレントが 「私 中学で 校舎の窓から 好きな人が 放課後、校庭を歩いて下校するのをずっと見ていて ときめいてた」と。
部活動で汗を流すだけでなく、校庭は学校生活でいろんな役割を持つ場で、しかも放課後は開放された気分で、感情の高まりを覚えた淡い想い出を、よく作り上げるものだ。
私も よく憶えている。校舎から 校庭でなくても 中庭でも 下を歩く女生徒たちを 眺める時は、嬉しい時間だった。好きな子が通れば、なおさらだが そうでない人でも 華やかさを感じて、それを 眺めているのは 大好きだった。授業が窮屈で、その対比かもしれないけど。下にいるものは、上から 呼びかけなければ、上の 方を意識することはほとんどない。じっと見られていることに気づいてないから、見るほうは安心して づっと見続けていた。
「初恋」については、以前にも 「歌の旅人」の記事を読んだときに、感想を書いたが、村下孝蔵の密かに思ってた 少女を 「放課後の校庭を走る君」と歌っている。結局 彼女とは 一言も会話しないで 卒業してしまったらしい。切なさと 嬉しさで、強く締め付けるような胸の思いが湧き上がっていたことだろう。楽しそうに振舞う彼女の姿は相当眩しく思えただろう。この純真な思いが彼を 詩人にしたんだな きっと。
私の思い出にもたくさんある。体育祭の練習をサボって 校舎の3階の図書室から、男女楽しそうに肩組んで歌ってるのを見て、悔やんだこと。好きな子を見つけて内心にやけていたら、フォークダンスが始まるらしくて、慌てて降りていき 何食わぬ顔でその輪に入ったが、その子と 手をつなげる直前に 音楽終了。始まるときに彼女の近くにいれば と また悔やみ。中学の寮でも 5階の学習室から 下の通りを行く 通学の女生徒を見ていた。福岡で浪人中も予備校の寮の2階の部屋から 下を楽しそうにいく中学生を。 並行して走る 電車の高校生を、ぼんやりとだけど、ほのぼのと眺めていた。
「初恋」の歌詞の最初にある 「五月雨は緑色」についても解説していた。五月雨は梅雨のとき 新学期が始まり落ち着いた頃、周りを見渡して 恋の対象の存在に気づく。みどり色は 青春を表す。青春は青とされているが、みどりも眩いイメージで それをあらわす。 そして 青と 緑は あいまいに されている。信号が緑なのに青と言ってるように。
まぁ 聞くほうは 歌詞のイメージに共感できれば良いわけで、一語一語の解説には あまり 意味がないのだけど 作詞者の意図を知って さらに強く共感できれば もっと この歌が好きになれる。



懐かしいもの 2題。 奄美FM ディ が、インターネットで聞けるようになった。サイマルラジオというものらしい。早速 アクセスすると メディアプレーヤーが起動して、聞こえてくる。
「シンキング タイム」というコーナーをやっている。奄美に関係する クイズに リスナーが回答する番組。私でも2問はわかった。回答者より 私のほうが年上、住んでなくても、わかるんだ と 得意気分。
「奄美大島信用金庫の提供」なんと 嘗ての 勤務先がスポンサーだった。何より 島の訛りが懐かしい。アナウンサーも 随時 意図的に島口を出す。回答者は 名瀬の訛り。料理を紹介する 姉妹二人。務めて標準語を使おうとしているが、感情がはいると、 訛りのある懐かしい言葉になる。
普段聞いてるラジオは、鹿児島弁がふんだんに出てくる慣れてるからか何の違和感もない。。島の言葉は、島の人間にインタビューしたときでもなかなか聞けない。完全に島口にしてしまっては、若年者には 理解できないものもあろうが、島訛りを持たせての話は 聞いてて とても嬉しい。
もう一つは 与論の 供利海岸の ライブ映像。ウェブカメラを設置して 供利港の船の出入りや 沖縄本島の今の遠景を、見ることが出来る。このところ 入梅した彼の地は 雨続き。穏やかな波の様子が雨に煙ってみえる。
与論を出て 24年。こんな遠くでも、島にいるときと同じように、綺麗な島の渚に いるような気分が味わえる。風来坊に 教えてもらった。設置したのは 城の玄さんだって。ありがとう。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。