店主の気ままなひとり言
珈琲工房かわもと店主の、ほとんど独り言

プロフィール

川元 正樹

Author:川元 正樹
店主です。よろしく!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


3月も 最後の週に入っている。前半の慌ただしさに比べ、後半は気力が失せたように、怠惰な毎日。しかし 暖かさが増すにつれて、コーヒーのしごとが忙しくなってきた。飲食店からのアイス用豆の注文がいっきに増えた。イタリアン とアイスブレンドは、あす朝の出荷で 空っぽになってしまう。そろそろ与論からの大量注文も来る頃。奄美の春は短い。冬が終わるとすぐ夏だ。鹿児島も、もう桜が満開とのこと、アイス用の豆のオーダーがきはじめた。もともと 鹿児島の人は深煎りを好む。イタリアンローストが結構売れてた。ガヨマウンテンもフレンチローストのほうが売れ行きは良かった。今 最も売れてるのは オリジナルブレンドよりイタリアンブレンドだ。霧島の妙見温泉の3つの宿泊施設が イタリアンを使っている。最近は販売も始めて、昨年より倍の注文が来るようになった。しかし エスプレッソ用に作ったイタリアンブレンドが、こんなに支持されるとは思わなかった。みんな普通にドリップしてブラックで飲んでいるのだ。奄美でも増えている。姶良では一人の愛飲者が自分の知り合いに宣伝してくれたおかげで、その仲間グループの人たちがみな イタリアンを飲むようになった。奄美でも 一人のお客さんが仲間に勧めてくれていたようだ。姶良に注文を下さってた2人のお客さんが、実は極親しい関係だったというのを、帰ってきてから知った。妙見温泉の支配人たちには、いくつかのブレンドを試飲してもらいその中から気に入ってもらったのが イタリアンだ。「シアトル系のコーヒー」という言い方で、極深煎りのコーヒーを示す人がいるが、よく知られたコーヒーチェーン店とは違うコーヒーにしているつもりだ。日本の大手がやった わざと焦がして焦げた苦味を炭焼きの特徴なんて宣伝は 全く迷惑なものだった。本当は思い切ったことができない私の焙煎ではやや柔らかめの苦味にしかならない。それがたまたま気に入られたのか。もしかしたら 「物足りなさ」を感じている人もいるのかもしれない。
あるお客に乞われて マンデリンのフレンチローストを作ってみた。サンプルとして、多数提供したら、こちらを欲しがる人が出てきた。商品化するつもりはなかったが、「フレンチの方がいい」という 何名かの要望で、商品として作ることにした。普通のマンデリンを飲んで下さる方もたくさんいるけど、マンネリに感じてる人もおおいいんだろうな。
スポンサーサイト

七福神の「渡り鳥」が youtubeに 投稿されていることを 教えてもらいました。教えてくれたのはブログをたまたま見てくださったNさん。七福神の井上さんとは同郷の関係で、この「渡り鳥」をずっと追いかけていらしゃつようだ。私のように「渡り鳥」を 探し続けてる人がほかにもいたんだ。井上さんの弟さんから 頂いたDVDと、井上さんのベストアルバムのCDで、今はいつでも聞けるけど、みんなに紹介したくてもその術がなかった。youtube で見れるのなら、それを紹介しなければ。1975年春のポプコングランプリ曲です。


確定申告書は 15日の午後 提出しました。
15日いっぱいかかって 夜でも 受付箱に投函しようと思っていたので、予定より半日早かった。なんて のんきなこと言ってられない状況だった。葬儀が2件重なったりして 作業が中断してしまったこともあったが、風邪をひいてしまったことが最大の原因。頭痛はするし せきは止まらないし 集中できない。預金 売掛 買掛出納帳が合わないのに 間違いが探せない。連続して2重記帳されているのに、それに気づかず 何十分も無駄な時間を費やす。「今日は徹夜してでも」と意気込んでも、数時間で、耐えられなくなり、ダウン。ほんとに今回は大変だった。よく間に合ったものだ。気を付けよう 風邪をひいたら一週間 何か突発的事情で4、5日時間を取られる。それを計算して、来年は決算事務を始めよう。しかし 普段の事務作業が雑だった結果なのだ。そこを反省しなきゃ。今年度の帳簿に更新したので、未記帳のデータを記入しなければ、と思いつつ 今夜も眠くなった、明日は必ずと、夕べの言い訳を 今夜もつぶやいている。

木曜 金曜と焙煎。本当は水曜日にしないといけなかったのだが、発熱できつく 寝ていた。マンデリン とアイス イタリアンの在庫は空っぽなのに。熱が下がった木曜日 まだ体がきついが、もう客をまたせるわけにはいかない。なんとか 焙煎機の側に立つ。炭が燃え上がり、温度が上がって 焙煎機の周囲の空気も暖かくなってきたら、汗をかき始めた。なんとも心地よい汗。5時間 焙煎機横の暖かい空気に包まれていたら、すっかりねつは下がり、体のきつさも和らいだ。衣服を脱いで 汗を拭うと、体の中がポカポカしている。
仕事をしながら 風邪が治せるなんて、いい仕事だ。

今朝起きたときは、割と調子が良かった。これで風邪も回復かと 思って 通常の仕事をこなしていたが、夕方 5時くらいから、急にからだがだるくなった。早く横になりたい。頭がボ~っとして 顔も火照ってきた。発熱だ。とりあえず家に戻り、甘いのを軽く口にして、ベッドへ。体が熱いから 発汗して解熱につばがるだろうと思ってたが、布団を被っても汗は出ない。それどころか寒気を感じる。部屋を暖かくしたいが、この部屋暖房器具がない。そもそも 家全体で 暖房器具は 仏間にある電気ヒーターのみ。エアコンの暖房のスイッチを入れたが いつまでたっても 暖かい風は出てこない。故障か?たぶん 暖房を入れることがほとんどなかったのだろう。仕様がない 何枚も重ね着して、布団にくるまり、じっと 耐えるしかない。喉が渇くので 給水に起き上がらねばならないが、ただただ 汗が出るのを待つことに。こんだけのブログの文章が、間違い続きで進まない。もう今夜は続行不可。寝て 明日を待ちます。

風邪をひいてます。ここ5年くらい全くかぜはひかなかったのに。暖かいはずの奄美にきて引いてしまったとは。熱は出てない。多分 インフルエンザではなさそう。疲れていたことが原因か。先週は夜の街にでかけることが多かったし、週末に叔母が死去。その仮通夜 通夜 葬儀と 連日夜まで葬儀場で過ごし、通夜の帰りは雨に打たれ、葬儀の日は寒く、納骨の時にはかなり寒気を感じていた。
ゆっくり寝てたほうがいいのだが、まだ 確定申告が済んでない。毎年のことだが、申告書提出は3月15日ぎりぎり。従って準備を始めるのも遅い。そろそろ ピッチを上げて と思ったら、突発的事情で、3日遅れ、さらに体調を崩して、長時間の作業がきつい。普段からきちっとやっていないことの報いなのだが、いつもこれで済ましてきているので、反省の意識もそれほど強くない。もしかしたら 今年はとんでもないひどい状況になったりして。そしたら 来年は少し考えるかも。
鼻水が止まらない。情けない状態。咳をする度頭痛。今日は寝る。良くなってから頑張る。間に合わせられるだろう。
年のせい?いま頭をよぎった。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。