店主の気ままなひとり言
珈琲工房かわもと店主の、ほとんど独り言

プロフィール

川元 正樹

Author:川元 正樹
店主です。よろしく!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



二日 続けて 居酒屋「一村」に出かけた。先ず 日曜日、やまもとから「昨日 一村のりっこに電話して、海援隊の ソング フォー ユー 知ってると聞いたら、知らないって」と言うわけで 「じゃ 今夜 僕が行って 教えてくる」ということになったが、「先日の加川良コンサートの様子など聞きたいので、今夜あたり 行ってみようか」と 思ってたところでもある。
前回行ったのは、病院で 精密検査を受けるよう命じられる 二日前。焼酎を飲んだ。もう飲めない。生ビール一杯に付け出し、一皿注文して、これで 2時間過ごす。飲みに来たんじゃなくて、喋りに来た。こんな客 店にとっては、歓迎したくないかも。しかし いつものように歓迎してくれる。店内 3組のお客、いずれも 観光客の様。よく 本で 紹介されているから、それを見た島外の人がやってくる。そして、本で紹介されている、シマラッキョやあおさの天麩羅、アバスのから揚げ などを注文している。
やまもとに言われたとおり、海援隊の 「ソング フォー ユー 」を、店主 とし坊に、「あなたのために この歌を~」と 歌ってみせる、続けてりっこママに「ガラスの外に、広がる世界に、粉々になって 行けたら いいのに~~」と聞かせてみる、二人とも 「知らない」「聞いたことない」。そうだろう。私と やまもとと、海援隊のメンバーは、大好きな歌だけど。一般には知られていない、何回か、聞かせたら、そのうち憶えてくれるかも。
さて、残念ながら、今回行けなかった、加川良ライブ。前座なしで、2時間半、去年より曲数は多かったそうだ。それより 驚きは、会場 立ち見の客までいて、超満員。今年3月にあった、伊勢省三、松山千春 とのジョイントで、加川良を知ったひとも多く来場したようで、加川が「今日は、松山千春は出ません」と言って、笑いを誘ったと言う事。泉谷の春夏秋冬、ブルーハーツの「青空」など 最近持ち歌にしている曲。わたしの好きな「東京」「その朝」などは歌っていない。とし坊が知らない歌が一曲だけあったそうだが、新曲なのかどうかはわからない。良さん「新曲作るよりも、今は 持ち歌を忘れないにするのに 必死」とか。毎回譜面も見ずに、2時間半、歌っているんだから そんな心配無用だろう。
ここ十数年毎年来て歌ってくれている。今回いけない悔しさを、りっこママに訴えたら、「来年もあるんだから」と、言ってくれていた。づっと元気で歌いに来てください。わたしが青春を味わえる、「一村」、も繁盛して永らく続けてください。
スポンサーサイト

行って来ました。大きな病院の循環器科の検査。採血、X線、心電図、心エコー。
結論。それほど悪い状態ではない。心臓も結構動いている。ただし これは「心筋梗塞を患ったひとにしては」 だ。血液検査の結果は全部、基準値内。コレストロールも大幅に改善。HDLも増えていた。特にBNPって何のことかわからないが、発症した人なら200くらいあるのに 私は12.5。これに医師は驚いていた。これで 大丈夫?なわけはなく。心電図はグラフが下向き。心臓のエコーは、正常な人と比べたら、動きがゆっくり。梗塞した部分の一部が動いていない。もし 後2本の重要な欠陥が詰まったときは、アウトだ」と、言われた。他の血管の状態をきちんと把握するために、入院してカテーテル検査は必要。まだ 余裕はあるので 今すぐでなくても大丈夫。
普段の生活での努力の成果はでたようだ。しかし 今回も医師の第一声は「3年間薬飲まなかったの?とんでもない事するね」。検査結果の説明は、すこし わたしをほっとさせるものだった。「太い静脈一本だけだからたすかった。こういう人はその後用心するから、長生きする場合が多い」なんて、嬉しい話も。
「入院して、検査受けませんか」「このまま 投薬で治療するか」どうしますか。 と問われ、「できれば今までのように薬の治療で」と答えたが、入院は何日間?とも尋ねた。内心 促された検査を受ける気になっている。仕事を休むわけだから、顧客への通知と集中注文の対応をしなければならない。準備を整えてからだが、もう 市役所へ行って、高額療養費の認定表も貰ってきた。
積極的な気持ちになったのは、医師から安心を与えられたからだろう。もしかしたらという恐怖を隠したく、事実を知るのが怖くて、消極的になっていた、やっぱり 逃げていたんだ。これで安心 そう思える結果が何より欲しい。そうなって欲しい。