店主の気ままなひとり言
珈琲工房かわもと店主の、ほとんど独り言

プロフィール

Author:川元 正樹
店主です。よろしく!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



「骨髄バンクチャリティー 愛のコンサート IN奄美」
娘がお世話になった 骨髄バンクのため 寄付のつもりで、1000円のチケットを購入していた。時間が取れたので、観賞する事に。年末の第九演奏で 感動させてくれた 奄美オーケストラの演奏も また 聞いて見たい。
コンサート冒頭は 少年少女合唱団。思い出してしまった。 娘 舞も合唱団の一員としてこの舞台に立っていたのだ。今から20年前。合唱団の小さな女の子が 口を大きく動かして歌う姿が舞に重なった。あれから15年後、骨髄バンクに助けを求めたが、叶わなかった。懐かしいのではない、悔しいとか 辛いという感情でもない。ただ 涙が溢れた。
ピアノの田中裕太氏と奄美オーケストラの演奏 ショパンのピアノコンチェルトも よかった。先月の第九を聞いた時と同様に 感激した。こんなコンサートがこの島で体験できるなんて、すごい と、思った。
骨髄バンクへの ドナー登録、私も是非 奄美の人たちにお願いしたい。娘は白血球の型の一つが 「日本人には珍しい」型 だった。
もしかしたら 奄美の人間 独特の型ではなかったのか?と言う疑問がずっと残っている。先祖にはカツオ漁で栄えた集落の人もいる。近隣国の人たちとの交わりもあったのではないか。舞より一年前、同じ病院から同じ病気で逝ってしまった、私とも知りあいだった、Mさんもカツオ漁が盛んな大熊の人だった。奄美に比較的多い型が存在するのではないか?気になって仕様がない。もし そうなら奄美のひとなら たすけることが出来るのだ。
是非多くの奄美の人にドナー登録して欲しい。奄美の人を助けると、思って。
スポンサーサイト