店主の気ままなひとり言
珈琲工房かわもと店主の、ほとんど独り言

プロフィール

川元 正樹

Author:川元 正樹
店主です。よろしく!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



偉大なるオスカーピーターソン

昨日は、youtubeで、村下 孝蔵をいっぱい見た。コンサートや、テレビ出演の映像。
素敵な歌声とともに ギターのすごさに驚いた。ひとりベンチャーズなんてやっていて
リードギターのパートにサイドもベースも さらに ドラムの擬音まで ギター一本で
奏でたのには、驚いた 見事だった。インタビュー番組では、その人柄の良さが
にじみ出ていた。
でも 最近youtubeで、いつも見ているのはジャズだ。そして 最も感動させられたのは
あの オスカーピーターソン。
たまたま ビルエバンスの「枯葉」の演奏を」見つけたのがきっかけだった。、レコードで聞く
のと全く同じ演奏が、映像付きで、楽しめるので、次々と「ワルツフォーデビー」「マイロマンス」
などを聞いていた。「ビルエバンスが、こんなにあるんだったら オスカーピーターソンもきっと
あるはずと」 探してみたら あったあった。「アリスワンダーランド」「ラウンドミッドナイト」は、
83年のJATP日本公演の時のもの。61年のイタリア公演は、レイブラウン エドシグペンの
黄金トリオ、50年代のニューポートもあった カウントベーシーとの連弾 なんと ELPの
キース エマーソンとの「ホンキートンク」の演奏もあった。どれも 軽やかで 聞いていて
心地よいものだった。以前 「他の演奏者が、必死の様で弾くフレーズも ピーターソンは
こともなしに弾いてしまう」と、書いたことがあったが、映像を見ていると、やはり 演奏中
真剣な表情で、度々 汗を拭く場面もある。しかし 歯を食いしばるような事はなく、どんな
アップテンポのフレーズも その指が 極端に早く動いているようには見えず 常に優雅に
運ばれている。
「自由への賛歌」の演奏は オペラハウスのようなホールで行なわれていた。ジョーパスの
ギターと競演で 初めのゆったりとした静かなバラードから 次第にトレモロのような一音を
連続してたたく奏法で盛り上げていく。聞いていてじわぁっとこころに熱いものを感じる。
演奏が終わると 聴衆のスタンディングオベーション みな 正装で来ていた。立ち上がった
オスカーピーターソンは腰を90度に折って深々とお辞儀をする。彼はいつでも 演奏の
終わりにはこのように深々と頭を下げるが この コンサートでの様子は、もっと 厳粛な感じ
荘厳さが加わって、まさに クラシックのコンサートのよう。聴衆は、皆 立ったまま 拍手を
送り続ける。演奏を 演奏者を讃えている。偉大なるオスカーピーターソンを。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

いつもやさしいコメント有り難う♪
やっとブログに入ることが出来ました!
自分の気持ちを事細かく表現できる文章に感心しています~♪これからもちょくちょく見させてね(^_-)
【2009/04/19 12:44】 URL | まりん♪ #vb4UBQ82[ 編集]

まりんさん
こちらこそ ありがとう
「まりん&あおさ」の方が有名だし
コメントの投稿も多いでしょう。
見習って 皆に喜ばれる ブログを目指します
でも 書き出すと 独りよがりになっちゃうんだよな。


【2009/05/23 21:33】 URL | 珈琲工房 K #mZ/5EvT2[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://coffeekawamoto.blog55.fc2.com/tb.php/116-043294b4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)