店主の気ままなひとり言
珈琲工房かわもと店主の、ほとんど独り言

プロフィール

川元 正樹

Author:川元 正樹
店主です。よろしく!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


この1年 不幸と喜びと

今年は、訃報が続いた年だった。それも同窓生の家族が多かった。
1月にMNのお母さん,KKのお父さん、2月にMKのお母さん3月に私の父。
さらに MYのお母さん、KOのお母さん、NMのお父さん、KTのおとうさん
1がつにお母さんを亡くしたMNは9月にお父さんも他界された。皆 親が80代。
「くるべき時が来た」と言う心境だろうか
同窓生本人も2人。配偶者を亡くしたRMやRI.兄弟を失った人も。
山元順公が、「一日で 喪中の葉書が 同窓生から5枚来た」と言ってた。
私に連絡が届いてない件もあるようだ。
そういう不幸に遭遇したもの達も 同窓会には来た。
名瀬での葬儀には、島在の同窓生の多くが来てくれる。私の父の時も、本当にありがたかった。
RMの奥様の葬儀には、名瀬から親友のYAが、福岡まで行って参列し、RMを励ました。
同窓生として 長年続いてる友情の重みは、きっと家族としての大切さ同じほどの大きさなんだろう。
家族の誰かを失って、周囲にいる、親族や、友の存在が、いかに大事で、ありがたいものか、
あらためて、実感できた。
今 思うことは 不幸な出来事のあった年だったけど、身近に関係する人たちとの 信頼や、
友愛を、さらに強く確信でき、次に向かって 明るい心境で進むことができそうで、そのことが
嬉しくてたまらない。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://coffeekawamoto.blog55.fc2.com/tb.php/138-5bd919a5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。