店主の気ままなひとり言
珈琲工房かわもと店主の、ほとんど独り言

プロフィール

川元 正樹

Author:川元 正樹
店主です。よろしく!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もうひとつ 感謝

心配してくれた 沢山の友人にも 感謝。とりわけ同窓生は、つくづくありがたいと思う。
高校の同窓会が、しばらく前にあったばかりなので、「あのときに元気だった奴が」と
驚いたのだろう。丁度私に用事があって電話をしてきた2人から、皆に伝わったようだ。
どちらも 入院した翌日で、私はベットに固定されたまま。妻が出た。名瀬のTは、
「月末鹿児島行くから」という伝言、妻は 私が入院していることだけ 知らせた。
中国から架けてきたYさんは、1月に他界した智子さんの家へ 案内する約束をしていた
私に 帰国の予定を伝えるつもりだった。でも あてにしてたわたしは入院。困って
山元順公に電話、彼には毎晩のように電話でしゃべっている私が 入院なんて 寝耳に水
直ぐに私の携帯に電話、出た妻からはそれほど深刻な様子は伺えず、その翌日はもう退院
したと思っていつもの電話をしたようだ。先の Tも症状は聞いてないので、名瀬では
「川元は、やせるため 入院したらしい」という 話が伝わっていた。
山元から知らされた福岡のNさんは、驚き 心配もしたようで、届いたメールには
「何で 勝手に 入院なんかするのよ」とあり これを見たときは 思わず笑いが出た
でも これで ぐんと元気が出た。
鹿児島のMは、話を聞いた翌日 霧島の病院までやって来た。今思えば 恐る恐る
病室に顔をのぞかせた様子がおかしい。病名は聞いてたようでほんとにびっくりした
ようだった。丁度私の体の固定が解かれ 寝返りが出来るようになったところだったので
元気そうには、見せられた。10日ほどして私もかなり回復でき 退屈を感じると
友人達に こちらから電話をし、状況をしらせた。その人たちも 病院まで来てくれた
武岡のS 玉里のH 往復3時間くらい掛かったろうに、車でやって来た。
熊本のくまもととは、1月31日久しぶりに会って 別れ際に「おまえ そのお腹
なんとかせんと大変なことになるぞ」と、言われた。その三日後、病院に運ばれた。
2週間後また再会した場所が 病院ということだ。くまもとが来ているとき
思いがけずやってきたのが 中国から一時帰国中のYさん夫婦、こちらも このときは
入院している理由は、わかっていて、中国医術に詳しいご主人が、脈診してくれた。
くまもととYさんは 25年ぶり再会。私の迷惑な病気のせいだけどちょっといい事も
あったかな。名瀬のTは、私が退院する3時間前にやって来た。空港から直接、沢山の
荷物を、持ったまま、私へのおみやげもいっぱい。おかげで 退院するとき荷物が重かった。
退院後 ひろしKは、自分も体調が良くないのに 鹿児島から 姶良まで、様子を見にやって
来た。隼人に住むMN、中学時代から病気を抱えていて辛い思いもした経験を、話してくれて
これからの生活にアドバイスをしてくれた 親戚のいくやも、自分の経験と健康でいる大切さ
を、繰り返し訴えた。他にも 何人かの見舞いの人からありがたい言葉をかけてもらったが
いとこのM姉さんだけは 第一声で「あんたは、人の言うこと 聞かないから こんな事に
なるんでしょ」と一喝。これも ありがたかった。Nも、何度もメールで怒り励ましてくれる
先日 法事で 名瀬へ帰った。会った沢山の友人達が、回復したことを喜んでくれた。
遠くから「おーい 死に掛けた 正樹」という声がして 見ると、悪友Kでも 彼も心配して
くれていたことはわかっている。得意先でもあり同窓生でもある 松尾は、、元気になった
私を見て夫婦で喜んでくれた。私も また いつでも彼らに会えることが、嬉しい。
ただ、法事で会った 親戚たちは、誰も私が入院したことを知らなかった
おばが「感心!痩せて格好よくなってる」と言ったので、姉が「実は」と、話し始め皆を
びっくりさせた。友人達は、普段から電話やメールで、交流していて、何かあれば 連絡しあう
体制になってる。親戚は、帰省したときにたまに会うだけ。もっと普段の交流を、心がけなければ
と、反省している。親戚も皆 私の入院を、顔色を変えて驚き、ほんとに体のことを心配して
くれた。みんなほんとにありがたい。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://coffeekawamoto.blog55.fc2.com/tb.php/146-b8f93f00
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。