店主の気ままなひとり言
珈琲工房かわもと店主の、ほとんど独り言

プロフィール

川元 正樹

Author:川元 正樹
店主です。よろしく!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


友人の保証人になった。雇用契約で、彼の勤め先に対しての保証。実際は頼まれて、
保証人の承諾書に署名捺印しただけ。友人の会社が、私を保証人としてふさわしくないと
判断する場合もある。
友人の保証人になることには、何の疑念も無く、即断で応諾したのだが、
何で、保証人を求めるのかが、疑問で、友人にその件を言うと、彼も
「必要ないと思ってほったらかしてたが、監督権のある官庁の検査のとき、
問題にされるからから、と本部の指示」と、言う。
もう30年も勤めているのに、未だ、保証人が必要なくらい 信頼が薄いのか
と、思っていたが、形式を大事にする 役所の意見に企業が従がわざる得ない結果だった
私も 30年前 同じ会社に就職した。保証人をつけることを求められ、なんか腑に落ちないが
この会社では、提出せねばならないのだろうと、提出を、拒めなかった。
なぜ保証人の必要に疑問を持つかと言うと、ある 企業人の事を雑誌で読んで、その行動に
同感だったから。
「会社は 試験を課して、その人が、有能で信頼できるから 採用を決めたはずなのに、保証人
を、付けさせるのはおかしい。」と、保証人に関する書類の提出を拒否したという。
私は それほど有能じゃないので、会社に強く言う度胸は無かったが、数年後にまた新たな
保証人の承諾を求められた際、支店長に「私の信用が足りないから保証人が要るんですか」
と、ちょっとふてくされて言ったことはある。
有能で誠実な人間でも 魔が差すことはあるが、本人と企業の雇用責任の方が、大きいはずで
保証人に、責任を負わせて弁済させることは、ほとんど無いんじゃないか。
彼の方の、保証人書類提出を渋る理由は「保証人をお願いする」事の煩わしさにあったようだ。
これまで保証人になってもらったのは 年長の人が、普通だった。親と叔父なら頼みやすかった
が、皆高齢になってしまったり、既に他界してしまったり。本人だって、甥、姪の保証人になって
あげてる立場だ。もう後数年で定年というところまで勤めてきたのに、まだ保証人を要求される
不快もあるだろう。規則だからと言われれば従わざる得ないだろうが、十分な社会的地位を確立
している彼らなどは、本人の誓約書で済ませるなど、実際に効果がありそうな規則も、考えれば
いいのにと思う。何かあったときに備えて保証人という考えは、必要な契約もあるけど、
大よその、契約事に、当然のように適用する慣習には、疑問を持った。
もうひとつ疑問は、彼と私の関係で言えば。彼の方が私より収入が多い。私の保証人が彼で
あるなら解るが、その逆で、いいんだろうか。冒頭で書いたとおり、相手会社が、私を承諾しない
可能性は、そこにある。承諾したら、ほんとに形式だけと言うことだ。
もう一人 高収入の保証人を探せばいいのかな。 



スポンサーサイト


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://coffeekawamoto.blog55.fc2.com/tb.php/158-b526c308
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。