店主の気ままなひとり言
珈琲工房かわもと店主の、ほとんど独り言

プロフィール

川元 正樹

Author:川元 正樹
店主です。よろしく!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Softlyにロバータ・フラック

ブログ「今宵の一枚」第592夜は 1973年のグラミー賞ロバータ フラック「やさしく歌って」
ロバータ・フラックの、コンサートの映像を、見るのは初めてかも入れない。
この曲と 「愛は面影の中に」を聞く機会は何回でもある。写真も、沢山見てる
でも、動く映像は初めてかも。印象が、今までとは、違ってた。カーメン・マックレイや
エラ・フィッツジェラルドのような女性を想像していた。ジャズシンガーもよくこの歌を
レパートリーにしているが、カーメン・マックレイやエラおばさんじゃあちょっと
会わないかな。彼女らのファンから異論が出るかもしれないが。
ロバータ・フラックは、そんな 威勢のいい人じゃなかった。やはり バラードの似合う
穏やかな美しさを備えた人だった。ブログに紹介されてたコンサートは2009年とあるが
それにしては若い。1972年にワーナーパイオニアが、所属アーティストの紹介のため
出した2枚組み980円のLPレコードで、初めて「愛は面影の中に」を、聞いて以来、その
歌声に魅了されてきた。今日も二つの曲を、時間が止まったような感覚で、うっとり聞いていた。
それにしても うまい!この歌この声、ロバータ・フラックでなければ、表現不可能とさえ
言い切ってもよい。今夜も この後 また聞こう。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://coffeekawamoto.blog55.fc2.com/tb.php/162-1647a2e7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。