店主の気ままなひとり言
珈琲工房かわもと店主の、ほとんど独り言

プロフィール

川元 正樹

Author:川元 正樹
店主です。よろしく!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


こんな遅い時間に書き始め。ピアノを、弾くのに夢中で、12時前から
明日の準備に掛かり、終わって今からブログの時間
何で急にピアノに、はまったか。まだはまってはいない。
よそに貸していた 電子ピアノが2年ぶりに帰ってきたからなのだ。
上の娘のために、彼女が小学2年生のとき購入したグラビノーバ
世良正則のコマーシャルで、娘役のこが、「お父さんは自分のために
グラビノーバを買ったのよ」とせりふを言うのがあっが、我が家も
そう。娘が大きくなってからは弾くことなく、家もでてしまい
下の娘は、テレビとゲームに夢中で、たまに、母親と一緒に、ピアノに
向かうが、年に数回。母親は昔バンドで キーボードをやってたから
また、弾きたいんじゃないかと思ってたけど。「そんな暇ありません」
「今 使わないから」と、知り合いに貸してしまってた。
私の楽器、サックス ペットは、うるさがられて駄目。ギターは弾いた
あと、置いておくと「邪魔」と、すぐ タンスの上に仕舞い込まれる。
家具のようにいつでも置いてある 電子ピアノなら スイッチを入れて
直ぐ弾けた。2年経って ピアノのことなんか忘れていたが、借り手が
転勤で、去るため、戻されたのだ
やっぱり私が先ずその前に座る。「Killing me softly with His Sonng」
を弾いてみたが うまくいかない。次「My Romance」、ビル エバンス
に、なりきった。「softly as in a sannrise」これは、ウィントン ケリー
夕食の後 娘がピアノの前に座ってた、傍らに立って、私も鍵盤にさわり
娘のためにと、サザエさん 踊るポンポコリンのメロディーを奏でて喜ばし
あとは、娘が去り また私が、独占。Nut rocker ・blac orpheus
オスカーピーターソンのつもりgirl from ipanema ハンプトン ホースの
green lives of summer 思いつくメロディーをジャズピアニストになったつもりで
没頭してしまった。
なったつもりは、ジャズが弾けるつもり ほんとはピアノが弾けるつもり。
私はピアノを、習ったことなどない。弾いているというより、音を探して
鍵盤をなぞっているだけ。したがって 右手で、メロディーは奏でられるが、
左手は、時々コードの一音だけ合わせて 後は適当に打つだけ、右手もたまに
広げて コードの2音を同時にたたいて 格好だけピアノプレイのつもり
こんな遊びが、ピアノが大好きな私の、最高の楽しみ。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://coffeekawamoto.blog55.fc2.com/tb.php/165-84f4ffac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。