店主の気ままなひとり言
珈琲工房かわもと店主の、ほとんど独り言

プロフィール

川元 正樹

Author:川元 正樹
店主です。よろしく!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



しっかり者の姉、正体は?

2010041600260000_convert_20100416205258.jpg
(頼れる姉と頼る妹)

さすがお姉ちゃん。妹を諭し勇気付け、財布と定期入れを買ってあげました.
妹は、勇気を持ち続け、行動に移せるか。お姉ちゃん曰く「自分は強いんじゃなくて
いろんな経験をして それをいろんな場面に生かしてるから」
確かにいろんな目に会ってる。その解決も自分から働きかけて成してきた。小学生のときから。
本人の明るい性格と、他人を恨まない信念が、それを成してきたと思う。
中2のときの状況が一番ひどかったが、それを克服してから、見違えるように強くなったと、
父は思う。学校で怖がられて皆が近寄りたがらない男子に、彼女だけは、タメ口で接し
「ばっかじゃない」などと強気の言葉を発するものだから、周囲が驚き心配してた。
電話で、男子に対ししかりつけるような言葉を、出すのを聴いて、父も驚いたものだ
ただ、 そのあと「きつい事行ってごめん」と、誤ってたので、そんなに男子に敬遠されては
いないようで安心した。しかし 元来男嫌いである。なぜか同世代の男には厳しい。
女子にはそこが気に入られたか、高校以降は女友達が多すぎるくらい出来てバレンタインデー
に、何故か両手に袋一杯のチョコレートを持ち帰った。女子の友人達からもらったという。
まさに 誰が見てもやることが男だったんだろう。そんなわけで嫁に行く心配など全くなさそうで、
安心させてくれるお姉ちゃん。夕べは帰るため 家を出たのが 午前1時前 アパートに着いて
メールをくれたのが2時過ぎ。今日はもちろん仕事。大丈夫かと、心配しそうだが。
夜更かしはいつものこと。電話に出たとき「今カラオケ」「居酒屋」「友達が来て飲みかた」
こればっかし。いい加減にしろ と 言いたいが 我々の20代もだいたいこんなもんだった。
男だと思えばしょうがないか。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://coffeekawamoto.blog55.fc2.com/tb.php/172-67cf0539
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)