店主の気ままなひとり言
珈琲工房かわもと店主の、ほとんど独り言

プロフィール

川元 正樹

Author:川元 正樹
店主です。よろしく!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



熊本にいるKと、電話で話した。19日のブログの、旅行の話をした。彼は「あの先生に会いたかったから」と、旅の目的を明かした。19日は、それが目当てではない と,書いたのに。彼の目的はあの綺麗な女子大生先生だったのだ。そういえば 彼は勉強もしたけど 女の子の話もよくしたなぁ。先生は5歳年上。憧れの東京のハイソサエティーの香りを漂わせる女子大生。そんな人と親しくなりたいとは、皆思うが、Kは、より親しくなってたのか、なれると思ってか積極的な、行動を取っていたようだ。そんなKも今は 大学で女子学生に 英語を教えている。お互い「よくやったよなぁ」「よかったよなぁ」と、懐かしく、思い出し、やっぱり「先生に会いたいなぁ」と、Kはつぶやいていた。
電話をかけた本来の目的は、福岡在Nさんの娘さんが作ってくれたコピー「天国に昇る程うまい珈琲」を、表現する適当で、簡潔な英語がないか、尋ねる為だ。heavens coffeeでは意味が違ってくる事が解り、heavenly coffeeなら、意味は合致するが、語呂が良くない。考えても私の乏しい英語力では限界、探し当てる事が出来ず、専門家に相談する事に決めた次第。Kも、その場で何かないか頭を回らせているようだったが、「横文字にこだわらず日本語でもいいんじゃない」と、意外な事を言う。[天国珈琲」じゃおかしい「昇天珈琲」は不吉だ。こっちも見つからない。結論は、こんなものは、いくら英語力が優れて、豊富な語彙を持ってても、センスがないと駄目らしい。「Nの娘さんに、付けてもらったらいいよ」と、提案。私も賛成。
ということでNさんの娘さんSちゃん 乗りかかった船 と 思って、イングリシュ版も、お願い。


スポンサーサイト


この記事に対するコメント

どうしよう!(;゜O゜)
【2010/04/23 07:57】 URL | Nさんの娘さん #-[ 編集]

Nさんの娘さん 気を重くさせてしまったら御免。何か思いついたら教えて という事です。
【2010/04/24 11:29】 URL | 店主 #mZ/5EvT2[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://coffeekawamoto.blog55.fc2.com/tb.php/178-41d89906
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)