店主の気ままなひとり言
珈琲工房かわもと店主の、ほとんど独り言

プロフィール

川元 正樹

Author:川元 正樹
店主です。よろしく!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



電話は、冷静に。

昼過ぎに架かってきた電話に、出るのが間に合わず、それ以降 誰からだったのか?お客さんに失礼なことをしてしまったかもしれない。と、気になってしょうがなかった。「もう少し早く電話に気づき行動できていれば」と、悔やんでばかり、「その前に来た 広告の、ファックスのせいだ」「家の方に来た、清掃作業員が、無駄口を、たたかずさっさと行動していれば」などと、他人の行為を、批難して、八つ当たりみたいになっていた。
配達で、外出が多いので、電話は普段 転送にして携帯で対応している。しつこくハァックス着信音が、鳴らされるので、、ファクスを受信しようと、転送を切ってしまっていた。そこへ、自宅の呼び鈴がなったため、急ぎ 玄関へ。用件が済んで担当者が帰った後、電話の呼び出し音に気づき慌てて、店に戻り 受話器を取った瞬間切れた。
頭にきて さっき受信したIT業者からの広告紙を、丸めてゴミ箱の中にたたきつけた。
解決したのは、夜11時半。「何だ 今頃」と、突然の、電話に出ると、生活彩館マツオから注文。ぞの時は、丁度山元と、テレビ電話中、途中で、山元が、中学時代の体育教師の名前を尋ねるため マツオに電話していた。それから かなり時間がたっていたけど、マツオは 「多分 まだ店にいるだろうと」電話してきた。「昼電話したけど 出なかった。そのあと 電話するの忘れていた。山元がテレビ電話で かわもとと、話してると言ったので 思い出した」
よかった。よくぞ思い出して電話してくれた。づっと、誰から何の用件だったのか 気になって、もやもやしていたから。「用事があるのならまた掛かってくるだろう」と考えればいいのだろうが、もし注文なら お客さんに失礼なことをしたし、初めての方が架けてくるかも知れない。そういう心当たりが、いくつかあったからだ。
ほんとに 私に 利益をもたらす 電話なら おおいに 着信歓迎なのだが、中には 出なけりゃよかった」と、思うときもアある。今日のような IT関連 保険 金融の、勧誘電話、が、よく来るが これらは 興味を、持てることもよくある。全く 私に縁のない 証券会社や 先物取引 健康食品 など、なかには資格取得の案内 など「何で私に勧めるんだ」と、疑問を、持たざる得ないのもある、これが、多忙なときに来て 、しかも肝心のところをなかなかいわない電話だと、もう、いらいらして、それが、言葉に、表れてしまう。便利な電話の、マイナス面を、しっかり心得て、冷静になってないと、私の場合 電話機にまで、八つ当たりしそうだ。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://coffeekawamoto.blog55.fc2.com/tb.php/196-7eadfdc6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)