店主の気ままなひとり言
珈琲工房かわもと店主の、ほとんど独り言

プロフィール

川元 正樹

Author:川元 正樹
店主です。よろしく!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


10kg336000円の、コーヒーが、あるらしい。それも生豆で、10kg 焙煎したら水分が抜けて2割目減りするから、実質8kg33万6千円、100gで、4200円。あるらしいというのは、5月15日の朝日新聞で、紹介されていたのだが、「信じられん」というのが、感想だからだ。
品質のよいコーヒーの木を、十分に手入れして育て、収穫後の管理も運搬も温度 湿度の管理やエイジングに細心の注意をして、その豆に最適の焙煎をして 客に届ける。これらを、費用を惜しむことなく万全に成して最高級のコーヒーに仕立てる。それでも この金額は信じられない。
コーヒー農園によっては良質コーヒーを生産している誇りから、独自のネーミングをして価格にプレミアムの要素を加える場合はある。消費者はその価値を認めれば納得して代金を払うだろう。しかし100g4200円となると、品質以外の何かが加わらないとこの値段はつかないと思う。私はそのコーヒーを、飲んだことないから、飲んだ後 考えが変わる可能性はあるが、4200円を、払ってもいいという考えには私は決してならないと思う。
コーヒーについて 嗜好品か、日常品か、と言う考え方の違いがある。喫茶店は、非日常の空間を提供してコーヒーを飲んでもらうから、嗜好品と考えていい。コーヒー代のほとんどはサービス料だ。使用しているコーヒーを、販売するとき、低価格にして、客に「安いコーヒーを使っている」と思われるのはまずい。だが、その店のステータスなどと言う価値の付加は、コーヒーにとって不幸なことだと思う。
家庭でbreak fast coffeeやafter noon coffeeを楽しむのは日常品としてのコーヒーだろう。中には 「スーパーで売ってる安いコーヒーは、日常品で、我々が焙煎しているコーヒーはあれとは、違う、高品質の嗜好品だ」と言う意見のコーヒー屋もいる。私のようなコーヒー豆の販売業者は、概ね日常品を売っているつもりだろう。飲食店へ卸すことも多いけど、より沢山のコーヒーが飲まれることを期待している。日常品として沢山買ってもらわないと十分な利益が得られない。おいしい いいコーヒーでなければならないのは当然で、鮮度を考え焙煎もこまめににする。その費用に対する価格を設定している。古くなったり、品質の劣ったコーヒー豆なら、価格を、かなり低く設定できるが、日常品といってもおいしいものにしなければならない。
話を戻すが、日常品としてのコーヒーに、ステータスは、いらない。風味の高さと価格があわないコーヒーは使っていない。高級なコーヒーとして認知されている、いくつかのコーヒーは、確かにおいしい。しかし 他のコーヒーの2倍 3倍 中には4倍の値段が妥当とは思わない。値段の差ほど味に差はないから。これでないと、いけないと言う中毒のような人もいるけど、おいしいコーヒーは高いということは絶対無いし、高いからおいしいとも限らない、これはほんとに嗜好の問題で、強い味のコーヒー 苦味のコーヒーを、好んでる人にとては、値段の高いカリブなどの上品な酸味のコーヒーは、ものたりないものに感じてしまうから。
ほんとにコーヒーが好きな人なら、いつでも手ごろに美味しいコーヒーが飲めるように手配しているはず。そういうコーヒを、見つけ出している。100g 4200円のコーヒーの購入者は、飲む以外にも何か別の目的があるんじゃないか。販売人は、「コーヒーにもワインのような文化をつくりたい」と言っている。それはいいと思う。ワインにしても日本茶にしても破格の高級品から庶民用廉価品までさまざまのタイプがあり、世間に認知されている。アラビカ種のコーヒーならある程度管理がいきとどいた生産がなされていて、それぞれの国の機関が評定している。その中でこれほどの価格差が認められるか、というのが私には疑問なのだ。たぶんその差は、ネームバリューというステータスが大きいんじゃないか。品質と味に大きな差を感じるとしたら、取り扱いや焙煎が間違っていたり、不手際があって品質を落としてしまった珈琲がでまわり、その美味しくないコーヒーを、飲んだ人が多いからなんじゃないだろうか。
高いコーヒーに仕上げるより、生産者に十分な金額が支払われるフェアトレードの仕組みを強くすることが、コーヒー業界にとっては大事なんじゃないか。コーヒー園が、成り立たなくなって生産されなくなってしまうと、コーヒー屋も成り立たなくなるのだから。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://coffeekawamoto.blog55.fc2.com/tb.php/203-dcfbb958
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。