店主の気ままなひとり言
珈琲工房かわもと店主の、ほとんど独り言

プロフィール

川元 正樹

Author:川元 正樹
店主です。よろしく!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「ぼくたちの失敗」森田童子の世界

昨日の朝日新聞 うたの旅人 は、森田童子「ぼくたちの失敗」を、取り上げていた。
1面は 多分、多くの人がこの歌を知る事が出来たテレビドラマ「高校教師」について。旅先はドラマゆかりの新潟柏崎にある、青海川駅。「森田童子の、ひとの弱さをいとおしむような歌と、ドラマが共鳴しあった」と、当時のプロデューサーが、話している。わたしはこのドラマ見ていない。評判になっているのは知っていた。「ぼくたちの失敗」がテーマ曲になっているのは、雑誌に載っていたのを読んで知っていた。住居近くにあった酒屋のお姉さんが、買い物に来た私を、そっちのけで、神に祈るように両手を胸のまえで組み、口を半ば開いて店内のテレビを、見続けていたのがこのドラマだった。
森田童子という名前の歌い手と、「さよならぼくのともだち」という歌を知ったのは、1975年のことFM放送を、聞く合間に 大学に行ってた頃だ。幼女が歌うようなかん高い声が、今まで音楽としては聴いたことのない詩を歌っていた。「仲間がパクられた日曜の朝、雨の中をゆがんで走る」「太宰の好きなきみは、睡眠薬を飲んだ」小説を読んで空想する世界が、音楽によって感情をも、上下させて思い描くことが出来た。直ぐに アルバム「グットバイ」を、買った。太宰の小説のような暗さを自虐的に滑稽に見せようとする詩歌が、多い中、明るい曲調の「雨のクロール」が、気に入った。もっともこれも別れの歌で、最後の一節は、転調してしまうのだが、「雨にきみの泳ぐクロールとてもきれいね」という詩がこのアルバムの中で ほっと一息できる歌として、気に入っていた。もうひとつのアルバム「マザースカイ」は、中ノ島公会堂でのライブ会場で購入。「春まぼろし 優しいばかりの今夜の気持ち」と書かれた 色紙がついていた。グッドバイを聞いてから まもなくだったはずだが、 「春まぼろし」とあるから 翌年のまだ、寒い時期だったんだろう。同じ年に京都会館でのコンサートにも行った。コンサートとしては京都の方が、強く印象に残っている。「ぼくたちの失敗」も、もちろん好きだった。でも 「マザースカイ」で最もきにいったのは、「春爛漫」「春よ 春に 春は 春の」「青く 青き 青の 青い」という言葉のテンポが、面白く よくギターをかき鳴らして歌っていた。
新聞は2面で森田童子について述べている。近くにいて彼女をよく知ってた者の話では、やはり 物静かで、私語を発しない あのサングラスを決してはずさない。公表されたプロフィールは1952年生まれ、高校時代サイモン&ガーファンクルを、聞いていた 70年高校中退して旅に出る。72年 友人の死をきっかけに 青春を振り返って歌い始めた。52年生まれなら中島みゆきと、同じか。全く違うタイプの詩人だ。サングラスに関して、奄美の居酒屋一村のとし坊こと栄利久に聞いた話、奄美でのコンサートのアフターで、鍋を食べようとふたを開けた瞬間、湯気でサングラスが曇り 、全く見えなくなったようで、そのとき初めて一度だけ サングラスをはずしたそうだ、同席していた人達ラッキーだったな。コンサートでの語りも、単調な抑揚で、「早春にて」の中の、台詞と、同じように語り、客席から名前が叫ばれても反応せず。彼女のコンサートに掛け声は、場違いな気がするから当然かも。話の内容は「郵便局の窓口で自殺の方法ばかり考えているらしい友人の事」とか 笑わせる内容もあるんだけど、語る本人は、静かに強調もすることなく平坦に語る。
私が行ったコンサートはどれも満席だった。皆彼女の歌の繊細な部分と、痛々しい感情の表現に魅せられ、共感を、覚えていた。引退してしまってからかなりの年月がたってしまった。今どうしているかなんて興味はない。あの頃の森田童子はそのままの姿かたちで、生き続けている。その歌はいつでも私の 慰めにも 励ましにも 安らぎにも なってくれている。




スポンサーサイト


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://coffeekawamoto.blog55.fc2.com/tb.php/209-7cddcdee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。