店主の気ままなひとり言
珈琲工房かわもと店主の、ほとんど独り言

プロフィール

川元 正樹

Author:川元 正樹
店主です。よろしく!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



池上 彰の新聞コラムで、「なぜ新聞は 官房機密費のお金をもらった評論家が、誰なのかを探ろうとしないのか」とい内容の記事が、今日の朝刊に、載っていた。
官房機密費の、実際の使われ方を暴露した野中弘務の、発言の中に「立派な、評論をしている人にも500万円づつ渡していた」と発言したことで、その真相を明らかにせよと言うことだ。野中が、所属した自民党政権でそうしていた という事。思えば、政権側主張の擁護 容認に徹している人物が確かにいた。私には「立派」とはとても思えなかったが、自民党政権から見れば立派だったんだろう。報道機関によっては、権力を、追認 反権力を攻撃 というはっきり立場を主張しているものもある。世論つくりということで、これらにに資金提供したなら、これは官房機密費の使い方としては妥当なのかもしれない。世論操作といいう意志だと、公の立場でやるのは、認められないし国民にとっては怖いことだ。
お金をもらって、くれた相手の意思を組んで書く事が、ジャーナリズムと言えるだろうか。池上も「事実なら、日本のジャーナリズムにとって深刻な問題」と、言っている。お金をうけっ取ったのが誰かわかれば、「その人はジャーナリストではない」と、認識してその言論を、受け入れればいい。
以前テレビで、久米宏が、「選挙のときお金をもらっても構いません、ただお金をくれた人にだけは投票しないでください」といっていた、お金で票を買うものは、自分にもお金が入らなければ活動しないから。お金をもらって評論を書いてるものがいるとしたらその対象になってるものから 大いに感謝さre
るように書くだろう。書店でその著者名を見つけたら、その対象が、好きな人なら喜んで購入、そうでない人は買わないことただ。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://coffeekawamoto.blog55.fc2.com/tb.php/214-31535f49
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)