店主の気ままなひとり言
珈琲工房かわもと店主の、ほとんど独り言

プロフィール

川元 正樹

Author:川元 正樹
店主です。よろしく!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



昨晩 夜中に書いた記事は、眠気を堪えながらで、なかなか進まず、しかも
今朝になって 書いたものをはっきりとは、憶えておらず、間違った文章に、なっていないか気になってしょうがなっかた。
いつもなら 「もう眠い あしただ!」となるところを 無理したのは、奄美にいる友人たちのブログを見させてもらったからだ。
先週末 奄美へ、出張し 仕事であった人にも仕事以外で合った知人にも、HPのアドレスを記した名刺を渡し、相手からもブログ等のアドレスを、教えて貰った。それらをいま拝見させてもらっているのだが、みな 素敵な内容なのだ う~んと 感嘆させられるのだ! そして 書き込み回数が多いのが私とは決定的に違う。  そこで 「きょうからは、毎日でもかくぞ」と気合をいれた次第。
17YUUさんは、日常の出来事と感じたことを柔らかく書いているが みな
奄美を、愛する気持ちが伝わる内容  若社長 もとお君の商店街ブログは
街全体の商業発展のため自ら学んだあらゆる知識を披瀝して同業者を鼓舞している サウンズパルの高良 俊礼君の、コラムは、まさしく音楽の専門家のそれである。かつて わたしたちは、お父さんの 一さんから、JAZZの
薀蓄を、さんざん聞かされたが 息子さんのJAZZに関する知識と感性は、
お父さんも舌を巻くほどのものらしい。なんと ブログを読んだ出版社から
執筆の依頼がきて いくつかの 書籍が世に出されている。
本業で忙しくても 世間に知らせなければ成らなかったり 訴えなければ成らないと思うことが、皆あると思う。それを躊躇なく行えるブログというものの価値と意義を、あらためて考えさせられた。



スポンサーサイト


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://coffeekawamoto.blog55.fc2.com/tb.php/22-794a1c36
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)