店主の気ままなひとり言
珈琲工房かわもと店主の、ほとんど独り言

プロフィール

川元 正樹

Author:川元 正樹
店主です。よろしく!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



今日はキャロルキング

家の中では、もめ事が、次々起こっているが、亭主は、関係ないかのように、マイペースでyoutubeの音楽動画を楽しんでいる。
スプートニクス 「霧のカレリア」から始まり、寺内たけしのギターを、7,8曲。津軽じょんがら 加山雄三の曲メドレー 中には渡辺かつみ 山岸潤史との共演も。その後、GS スパイダース ブルーコメッツ タイガース パープルシャトーズ ジャズに移って リッチーコール トミーフラナガン 高砂高校のジャズバンドは、さすがにうまいなぁと、思った。これも5曲くらい聞いた。満足して 最後に いつものブログ「今宵の一枚」を、開き、新しくアップされた アメリカのあのヒットメーカー キャロルキングの代表作 「君の友達」を見る。動画はライブの模様。観客は50歳代位いが多いのかな。みな うっとりした表情で聞いている。目を閉じて過去を思い起こしているかのような人もいる。促されて 観客の合唱が加わる。観客の声だけががホールに響く場面もある、手拍子が起こる。日本のコンサートと同じ様にアメリカでもやるんだと知った。その 歌っている観客皆の 表情が、満足なのか幸せそう「この歌を聞けたら、何もいらない」という感じか。涙が溢れ出してる人がいる。私と同じ年代の アメリカの人にとって、この歌は、きっと 青春の頃を印象付ける代表的なものの一つなんだろう。曲が終わり 観衆はみな スタンディングオベーション 拍手が鳴り止まず。歌と コンサートの模様に感激。繰り返し 見た。そして 今も見ながら、これを書いている。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://coffeekawamoto.blog55.fc2.com/tb.php/260-3e126470
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)