店主の気ままなひとり言
珈琲工房かわもと店主の、ほとんど独り言

プロフィール

川元 正樹

Author:川元 正樹
店主です。よろしく!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



今月の新しいブレンドは、タンザニアのフルシティーローストを、使って
「琥珀ブレンド」と命名しました。
「タンザニアの深煎りを使ってみたら」というのは 天文館、琥珀亭の浜田さんの提案だったからです。
以前 タンザニア キリマンジャロを、間違って深煎りにしてしまったことは、ありました。ブラジルのつもりで釜に投入したけど、出来上がりがどうも違うと思ったら、キリマンを焼いていた。酸味のキリマンを、深煎りには普通しない、飲んでみたら 結構良かった もともと香りはよいから味に欠点がなければ使えると思って、そのときは ストレートで販売した。
浜田さんが、「タンザニアの深煎りは、面白いよ」というので 以前の失敗したキリマンを思い出した。そして コロンビアとエチオピアを加えたブレンドをつくり琥珀のなを使用した次第。上品な酸味」に仕上がりました。もう1つ
グアテマラまで混ぜて苦味タイプのを、作ったが 今あるオリジナルブレンド
とほとんど変わらない味になったので これは。没にし かわりに実験してみるブレンドとして 琥珀ブレンドと同じ豆を使いながらタンザニアとエチオピ
アの割合を逆にした苦味タイプのブレンドを作り セピアブレンドとした
「せぴあ」は、以前私が営なんでた喫茶店の名
琥珀亭にはたまに 顔を出すが、その都度マスターの浜田さんにはいろんな情報を教えてもらっている。コーヒー屋は、だいたい 自分の知識を人に話したがる習性を持つ。が、同業者となると内緒にしておこうと考える場合があるだろうが、かれは、惜しみなく話してくれるのでありがたい。わたしの近くでも
自分の商品を自慢するが こちらが詳しいことを聞こうとすると絶対教えない同業者はいる。浜田さんも以前 「もか」で修行していたときの兄弟子の店だ
焙煎機を見ることを拒否されたことがあるそうだ。
鹿児島のコーヒー仲間はその点人間が大きいというかせこくない マリアッチだって 串木野のパラゴンだって聞けば親切に教えてくれる。
今回ははまださんに敬意を表して琥珀の名のブレンド。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://coffeekawamoto.blog55.fc2.com/tb.php/27-af146f6d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)