店主の気ままなひとり言
珈琲工房かわもと店主の、ほとんど独り言

プロフィール

川元 正樹

Author:川元 正樹
店主です。よろしく!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



最近配達に行くと「コーヒー値上げしなくていいんですか」「値上げのときは言ってくださいね」と、言葉をかけられる。みなさん 「値上げになってもかわもとさんのコーヒー飲みますよ」ということだ。中には 値上げ前に買いだめしておきたい」と言う人もいたけど、いずれにしても ありがたいこと。私のお客さんみんな良い人ばかり。報道で、コーヒーの高騰や大手の値上げについては承知しているようだ。コーヒーが好きで、こういうニュースにも興味を持つのだろう。
私の仕入れ値の方は、今までで、一番高かった平成8年の水準を越えてしまった。まだ 上がり続けている。あまりに長く高値が続くと困るが、いましばらくは、様子を見ることにしている。主な原因は金持ちがもっと儲けようと投機して値を吊り上げているから。儲かると判断したのは、需要増と減産の見込みからだが、これだけならここまでの値上がりはないはず。減産予想の相場は度々ある。値上がりで生産者や業界が利益増になるわけではない。この状況はコーヒーにとって不幸なこと。何とか、対抗策は打ち出せないものだろうか。世界規模でのことだから難しいようだが、ちょっとしたきっかけで、大きく変化するのが相場。ICO(国際コーヒー機構)または生産国政府で対応して欲しい。
私としては、大手の安い価格と私の価格の差が、縮まれば売り上げ増が見込まれるんじゃないかという期待もある。大手の、重油を炊いて起こした熱風をっ使って大量に焙煎されたコーヒーよりは、少量づつ直火焼きで焼いたこくのある新鮮さを保ったうちのコーヒーが美味しい、という自身はある。ただ 経営がその成果が出るまで耐えられるかが問題。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://coffeekawamoto.blog55.fc2.com/tb.php/299-7e895cac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)