店主の気ままなひとり言
珈琲工房かわもと店主の、ほとんど独り言

プロフィール

川元 正樹

Author:川元 正樹
店主です。よろしく!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


あれから23年

最近、与論の話題が多く耳に入ってくる。「風来簿」君のブログで、あちらの様子をうかがい知ることが出来、その記事に対してコメントをつけると、風来簿から 返信が来て、やり取りするうちに話題が広がり、昔の記憶が頭の中でかき回されて、断片的に蘇って、あの頃の楽しさが嬉々とした感情に昇華して蘇る。
「そんなこと よく 憶えているなぁ」 生活上も仕事上も 何の役にも立たないことを なぜかよく憶えている。ある家族の 子供たちの名前をすらすら出してみると、「お前 与論にいるんじゃないか」と,あきれられる。そういわれると こちらも 嬉しくて得意気な風にさらに記憶を探って情報をひけらかす。余計なことまで。仕事上、島の多くの人に接し人の縁に関しては、島人より 広範な情報を得ていたのかも。しかし
大事な事実を認識していなかった。おおきな勘違いにも至ってしまうことも。
ある 年長者の夫婦の写真があった 「君の知ってる人だ」という。すぐ ある人を思い出した。写真の顔と記憶にある顔がよく似てたから。でも 気づいた 私の記憶の中の顔は、20年以上前のもの。写真は今その年代の人。写真は ブログの記述から 仕事で毎日のようにあっていた Sさんだと分かった。すると、当時親しくしていたSさんの娘さんを思い出した。小柄なかわいい元気なその子は、ちょっと珍しいというか、あまりほかにない 難しい漢字で表す名前をしていて、それを漢字で記して 「よろしくお伝えください」とメールを送ったら、「よく この名前を、漢字まで 憶えていたね」と 驚かれた。人懐っこくて、人気者だったから、私の記憶にもはっきりその姿が残っているのだが、これもやはり 23年前のもの、20歳そこそこの彼女の姿なのだ。風来簿君から聞いたということで 彼女からもメールが届いたが、私のことは、聞いても直ぐにはわからなかったようだ、彼女も「ずっと昔のことなのに」とびくりしていた。彼女のビックリした顔も20歳のときのを想像している。風来簿君がアップした 夫婦の写真が、みな 私が中学 高校生のときの姿しか知らなかった人たちの 今であることに やはり 年月の経過を感じずにはいられない。
当然 私も 23年分の変化は認められるのだろう。同窓会で卒業以来の再会をした者達には、直ぐには気づいてもらえなかった。最も 私の場合 顔でなく 体型。久しぶり会うと皆 顔を見ないで、出っ張ってしまった腹ばかり見る。もし 見た目に変化があったとしても、その人であることは間違いなく。話せば 昔と一緒 と 安心するものだ。
「メデオのコズエの日記」という これも与論でお世話になったIK兄の娘さんのブログがあった。楽しいその記事を、読んでる間、高校生のその姿を思い出していたが、「長男と海へ」と書いてあるのを見て、子供のいる立派な母親になっている事実で、やはり 23年の年月の経過を思い知らされた。
先のSさんの息子。中学校の陸上大会でハードルを飛び 走っていた少年が、いま 4人の男児の父親だって。私よりづっと立派になっているんじゃないだろうか。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://coffeekawamoto.blog55.fc2.com/tb.php/307-bbc256f8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。