店主の気ままなひとり言
珈琲工房かわもと店主の、ほとんど独り言

プロフィール

川元 正樹

Author:川元 正樹
店主です。よろしく!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


友人の死 以来 どうしても自分がかかった 同じ病について 思い出し考えてしまう。何故彼等は命を落とし、私はこうして今 元気でいられるのか。
私の症状も、相当ひどかったはずだ。看護士や、他の医師からもそういわれてた。「でも よかったね」という言葉が続くけど。いまは 近くの国立病院にかよい 診察を受けているけど、ここの医師も「今は、再発する可能性は ないけど、運良く命が助かったんだ という事は忘れないように」と、注意を促している。
倒れる以前の生活も 私のほうが 不摂生だったはずだ。彼等は 仕事に励みながら、スポーツにも関わっていた。昔からスポーツマンだった。私のように メタボでもなかった。
違いは 私は発症してから 徐々に症状が進行し、数十分後に歩行困難になり、病院に駆け込んだ。彼等は 発症と同時に 命も途絶えた。この違いはどおいうことだ。
運ということで 済ませていいものだろうか。私とて よかった では終われない。今後 一生心臓をいたわって暮らさなければならない、激しい運動 力の限りの肉体を駆使する仕事は出来ない。興奮しすぎるのもいけない。薬を飲み続けなければならない。こんな 制約が課せられた生活を 続けなければならない。体重を増やさないために 粗食にして 長時間歩く。病気だからでなく 普段の健康によいことだ。間食をしない。睡眠を十分に取る
これらのことをいま 出来うる限り やっている。健康に対する 意識も強くなってる。病気になったからだ。
まだ意識が十分でないところもある。薬は一日おきにしか飲まない。それでも血圧は正常な数値だ。絶対直そうという気があれば医師の指示通りにするだろうが、これで十分と思ってるから、治らなくても普通に暮らしていければ いいのだ。しかし また発症したとき 命の保証はない。他の多くの人たちに迷惑かける。そんなことを考えれば 早く治そうという 意識に変わってくるはずだ。
「君は 生かされてるんだ」何人かの人たちからこの言葉をいただいた。その 生かされてることの御礼に 、感謝の心を内に持ちながら 何か世間に役立つことを一生懸命務めていきたい。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://coffeekawamoto.blog55.fc2.com/tb.php/330-436b3f19
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。