店主の気ままなひとり言
珈琲工房かわもと店主の、ほとんど独り言

プロフィール

川元 正樹

Author:川元 正樹
店主です。よろしく!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


感激 白いページの中に

テレビで、70年代の歌の特集をしていた。70年代と言えば フォークの時代。私にとってはフォーク一辺倒だったが、ふつうの 歌謡曲もたくさん出ていたわけで、フォークロックと 演歌歌謡曲の2つのジャンルに分けて各年代3位以上の曲が カウントダウンで紹介されていた。沢山の曲が出てきて、全て知ってるる曲だった。フォークとロックしか聞いてなかった筈と思ってたが、歌謡曲も その年のヒット曲ならメディアでなんども聴いてるから知ってるわけだ。最初にきいた藤圭子で、懐かしくなり、づっと見てしまった。
予想したランキングは71年の「花嫁」72年の「旅の宿」以外は当たらなかった。74年だと井上陽水だと思ったのだが、入ってない。「岬めぐり」「あなた」が入ってるが、「鐘楼流し」も「ふれあい」も「夕暮れどきはさびしそう」もはいってない。この年はたくさんのフォークがでた。海援隊 荒井由実 陽水 拓郎もかぐや姫もこのときフォークシーンのトップにいた。歌謡曲にしても、どれも確かによく知られている曲なのだが、もっとヒットしたはずの曲がなかたり 一位にレコード大賞曲が選ばれないのも 腑に落ちなかった。
これは 今 アンケートをとったからだ。当時のヒットランキングではなく、今心に残る歌だからだ。今でも結構歌われている歌が いまは、馴染みの曲になっているのだ。
3時間の番組、2時間あまり聞いて そろそろ 飽きてきたかなと、立ち上がったところで ゲストの女性が出てきた 瞬間 もしかして!と思った 柴田まゆみ だった。小阪恭子、小坂明子 それに中島みゆきが出ていたので すぐわかった というより 先ほど ふと 「白いページの中に」を聞きたいと思ったのだ。彼女の演奏している姿はyoutubeに1件あるだけ。ほとんど見ることはなかった。ラジオで時々聞くことはあるが、彼女 もう音楽活動はしていないという。数年前にアルバムを出したことを知ってたから驚いた。この曲が次々カバーされたためまた アルバムを出すという運びになったという。
今の 柴田まゆみの 歌にも聞き惚れた。その様子を見て、感激した。うれしかった。
今夜 また youtubeで 聴いてる。カバーした 岩崎宏美 あみん 茉奈佳奈の歌でも聞いた。どれも皆良かった








>

ついでに柴田容子さんも          なぜか高田真樹子も   
スポンサーサイト


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://coffeekawamoto.blog55.fc2.com/tb.php/350-93d0ff32
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。