店主の気ままなひとり言
珈琲工房かわもと店主の、ほとんど独り言

プロフィール

川元 正樹

Author:川元 正樹
店主です。よろしく!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



台風接近。金曜日から雨が強くなり 今日も降り続いている。ところが 昨日一日 降らなかった、快晴だった。台風も、すなおに進めば、昨日は雨になってたはづだが、なぜか その前日から逆方向に向きを変えたと思ったら一回転してくれた。一日ずれてくれたのだ、してれくれた というのは昨日は 鹿児島県内各地で 中学校の運動会が予定されてたからだ。おかげで 無事に それも 絶好の天気の下で、行うことが出来た。風来坊ブログには与論中学校のたいいくさいの模様が紹介されてる.競技も応援も。一生懸命にやってる様子が伝わってくる。練習、相当やたのだろう。体育祭を頑張ったことで、成長も出来てるはずだ。
私の娘 舞も中学2年の体育祭で 応援団に入ったことが、大きな転機になった。その当時舞はいじめのターゲットにされてた。ただ その子の事情を知ってたし、彼女も嬉しいことがあると舞にかき氷をおごってくれることもあって、その子に対して嫌なおもいはあっても、そう恨んではなかった。なんにも対応できない担任に対し 怒りをぶつけてた。そんなクラスで応援団に入る人を決める時 女子は、面白がって、一番そういうのを苦手にしてると思われる、おとなしい子を選んで、決めようとした時。見かねて舞が「自分がする」と手を挙げ、気の重い状態で参加したのだ、ところが 応援団の中で、自分にぴったしの役回りがあり、応援団の活動が楽しくて仕様がないものになっていた。3年生にはありがたがれ、1年生には頼りにされ、クラスで応援指導をするかかりで、これが彼女に自信を待たせた。それから舞は強くなった。強くなりすぎたかな。その後は、クラスの女子の中心いなって担任にも「お前なんか、担任でもなんでもない」と 抗議した。そのセリフを吐いたのが舞いだ。
それから 沢山の友人が出来た。「男に厳しい姉御肌」の性格はこのときからだ。中学の応援団の経験がその後の舞が毎日を充実したものにしてくれたのだ。
私は応援団には関わらなかった。応援練習から逃げることに一生懸命だったのは 以前にも述べた。母校の大島高校と言えば・・応援演技  そう言われるだけのことはある。 と 感心させられる動画が [わん!なま!奄美!]にあったので 紹介したい。

大島高校金久地区応援団
               
スポンサーサイト


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://coffeekawamoto.blog55.fc2.com/tb.php/351-83199934
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)