店主の気ままなひとり言
珈琲工房かわもと店主の、ほとんど独り言

プロフィール

川元 正樹

Author:川元 正樹
店主です。よろしく!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


たまには コーヒーの話も

焙煎をしたあとのコーヒーは、必ず 試飲をする。前にも話したが、あくまで 試飲なので、味わって飲むことはほとんどない。一品につき3口。淹れてすぐ熱いうちに一口、後は 醒めてからと冷えてから、美味しいか、ではなく いつもと同じか、変な味が混ざってないか。いつもと同じなら美味しい筈だ、という前提がある。3口飲んだら、残ったのは捨てる。そして 次の豆に移る。全部のんでたらかなりの量になってしまい、舌の味蕾が鈍ってくるし、胃の負担も大きい。
たまに 特に美味しいと感じて、ゆっくり全部飲んでしまうときがある。 今日はペルーのチャンチャマイヨを飲んだとき美味しくて 熱いままにカップ半分ほどを飲んで、次のブラジルイーストコ サンマリノを淹れて飲んでみる。これも美味しい。さらにベガも。お客様からは「美味しい」という評価をいただいているから、普段は、いつもと同じ味ならお客さんにはOKという事でやってるが、時々 こんなに舌が敏感のなってか もしや鈍ってかその味に感嘆することがある。
理由は 秋になったから。食欲の秋 というほどに 秋は美味しく食べれる季節 コーヒーも同じ。秋は特に美味しく感じる。たぶん 暑さや 寒さを我慢しなくてよいリラックスできる体調のせいでもあるだろう。
今日は 結局 チャンチャマイヨ イーストコ ベガ を全部 他のコーヒーもいつもより余計に飲み、トイレに行ったときは コーヒーの香りが出てきた。
秋は 賑やかな夏の終わりで 寂しさを表す言葉に聞こえるが、人にとっては適当な状態で生活できるいい時期かもしれない。
そこで 秋にもいいことがあるかも知れない と嬉しくさせる歌を一曲



コーヒーについて書き始めたけど、秋のことで終わってしまた。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://coffeekawamoto.blog55.fc2.com/tb.php/352-35257e2d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。