店主の気ままなひとり言
珈琲工房かわもと店主の、ほとんど独り言

プロフィール

川元 正樹

Author:川元 正樹
店主です。よろしく!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



藤家虹二と奄美ジャズの会

昨日から また クラリネットを、聞いている。
片付けをしていて「鈴木章二とリズムエース」のカセットテープを見つけたから。先日の 「世界は日の出を待っている」も スィングジャズのスタンダードナンバーとして 大好きなんだが、ジャズクラリネットといえば 「鈴懸けの道」。これが私のフェボリットソング。サックスでもよく奏でていた。曲調の良く似てる「ディア オールドストックホルム」と交互にやってた。
今日も聞いてるけど それは 今朝の新聞で藤家虹二の死亡記事を見たから。
私のジャズ 初体験は藤家虹二だった。高校2年のとき、田舎の島で行われた パイオニアのステレオコンサートに きて 演奏した。あのころ時々 こんなコンサートが催されていた。離島で、ミュージッシャンが来ることはなかなかなかった頃、音響メーカーのパイオニアが 自社製品の宣伝に 最新ステレオセットで当時話題の レコードをかけて、聞かせてくれた。無料で、しかも抽選で景品がもらえることも。ゲストのミュージッシャンも来て 演奏してたが、メジャーでないギタリストのソロとかで 印象は薄かったが、このときは ジャズカルテット。当時 まったくジャズなんて知らなかったので、「面白い、楽しい」と感じたことと、原田イサムのドラムソロに圧倒され友人達と「すごい かっこいいね」という話をしてことだけ憶えている。その翌年 後に私も参加する「奄美ジャズの会」が出来、その翌年 初めて菅野邦彦のトリオを招致してコンサートを開いている。会長だった南氏が、公民館で自前のレコードを持ち出してやはりステレオコンサートを行い、それを機に 「生のジャズを聴くためにプレイヤーを呼んで コンサートをやる」という目的の 「ジャズの会」が出来た。菅野トリオのコンサートは大成功。その時の演奏は 「菅野ライブ」 という LPレコードに収められた。
あのときの 藤家虹二カルテットの演奏が、奄美のジャズファンに火をともした。
3大クラリネット奏者といわれている、北村英二 鈴木章二 藤家虹二。もっとも メディアに登場して知名度のある北村英二も、フォークの茶木みやこのアルバムでの演奏の美しい音色に感嘆 コンサートを見たのはそれよりずっと後だが、クラシックの演奏も難なくこなす技量に魅せられた。藤家虹二も東京芸大出てるし、しっかりした基礎が、大事なんだと、俄かジャズもどきでたらめ演奏を一人で楽しんで遊んでた自分に恥じ入ったものだ。

3大クラリネット奏者の演奏動画 真ん中が藤家虹二
ドラムは奄美に何度も来た猪俣猛、 猪俣と一緒に来た 浜田均太がバイブで。
   
スポンサーサイト


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://coffeekawamoto.blog55.fc2.com/tb.php/359-d554f847
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)