店主の気ままなひとり言
珈琲工房かわもと店主の、ほとんど独り言

プロフィール

川元 正樹

Author:川元 正樹
店主です。よろしく!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



大阪の橋下知事が、自分の目指す 改革のために、知事を辞め 市長選に出馬するという。改革とは、行政の組織の改革と、 もう一つ 野心が見え見えの 教育改革。保守へ導こうとする改革のようだ。教員の能力による選別効率のよい学校運営 など 学校の保護者には、賛同を得やすい提案だが、どうも自分の保守思想に沿った教育の場に変えようというのが目的に思われてならない。本人も 改革には独裁が必要というようなことを 言ったらしい。それがいい結果になるかどうかわからないが、違う意見も尊重する という 民主主義のルールからいうと、対抗する意見を排除しようというやり方には問題があるんじゃないか。
父兄を 学校運営に参加させる仕組みを作るらしいが、それを検討するメンバーは校長が指名する。校長の意見に賛同する人だけを指名できる。教育委員会の顔色ばかり気にしてる管理者がいるように、校長が教育委員会の支持に従順な人なら 地区の長の意志がそのまま現場で唯一のものとして、実践される。違う意見は初めからなかったことにされかねない。議会が首長の意を組んだ教育長の任命を拒否してくれたら、この事態は、猶予されるのだが。
保護者の間で、子供のためにと思う気持ちは同じでも、その 方法にはそれぞれ考えを持っている。各家庭で、個々で状況は違うのだから。その中で よりよい というものを総意として 選択しなければならない。有力者の意見が優先されるべきではない。
娘の中学の日曜参観で個々の違いが顕著に聞き取れた。部活でがんばっていること 礼儀正しくなったことを評価する者。勉強に影響しないように部活の終了時間を早くすべきと主張する者。担任教師が、子供達に送る標語を求めたところ、「努力」「忍耐」「勉励」もあれば 「青春」「のびのびと」という言葉もある。数ヵ月後 教室を訪れたとき この 父兄が中学生に贈った言葉のいくつかが 貼り出されていた。 当然?私の書いた「長いものに、まかれるな」というのは なかった。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://coffeekawamoto.blog55.fc2.com/tb.php/360-352a896f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)