店主の気ままなひとり言
珈琲工房かわもと店主の、ほとんど独り言

プロフィール

川元 正樹

Author:川元 正樹
店主です。よろしく!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


コーヒー屋を目指す人へ 疲れた珈琲屋から

若い二人が 焙煎を見学に来た。9日のブログに書いた、中学生のときからマンデリンを飲み続けている元少年 今は青年とその彼女。彼女の方が「焙煎教えてくれませんか」と、言ってたが、今日も彼女の方が熱心だった。将来喫茶をやると はっきり目標を定めているそうだ。そのため パン屋 ケーキ屋で、働いて、技量を磨いているらしい。コーヒーのことも勉強したいと思ってるところへ、彼が持ってきた マンデリンが 気に入って このコーヒー屋にお願いしたい と思ったそうだ。東京でコーヒー屋でバイトもやっていて、ある程度のコーヒーの知識は 既に持っている。沢山の店に行っていろんなコーヒーを飲んでいる。東京でも大阪でもコーヒー屋めぐりをして 鹿児島でもコーヒー屋を見つけては 入って楽しんでたそうで、コーヒー屋については 沢山のコーヒー屋の情報を私より遥かに多く持っていた。そういうコーヒーに強い興味を持ってる相手には こちらも饒舌になって、はなしが弾む。焙煎しながら 段階ごとに豆の色と形状の変化を説明しただけで、「やり方は焙煎する人それぞれ違うから 豆の性質を理解して自分の好みの味を作ればいい」と、伝えて終わり。炭で焼いてる事に驚いていた。「だからほかの店のコーヒーと違うんだ」と、そこまでわかってくれると頗る嬉しい。私のつたない話で、大丈夫か。満足してないんじゃ とおもい、専門の本を貸そうというと、「先ず 基本から」と応えたので 私が一番初めに読んだ「コーヒー専科」を渡した。そんな謙虚な人 是非 夢を実現させて欲しい。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://coffeekawamoto.blog55.fc2.com/tb.php/380-8248179c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。