店主の気ままなひとり言
珈琲工房かわもと店主の、ほとんど独り言

プロフィール

川元 正樹

Author:川元 正樹
店主です。よろしく!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



最近 男子のマラソンは見てなかったが、今日の福岡国際は、終盤のデッドヒートに、目が離せず、久しぶりに興奮した。前半は 鹿児島出身の 瀬戸口 と入船を応援してたが、後半の日本人トップ争いでは 今井正人を応援していた、それが終盤苦しそうな表情をも見せながら全力を出して、日本人の先頭にたった川内を見たら いつの間にか彼も 応援するようになっていた。今井と川内のデッドヒートに釘付けになり、最後川内が抜けて ゴールに近づく頃には、2時間10分を切れるかどうか はらはらしながら。ぎりぎり10分を切って ゴールに倒れこみ、精根尽き果てた様子の彼を見て、すごい奴だと、感服した。久々にマラソンをわくわくしながら見れた。80年代の宋兄弟 伊藤国光 瀬古の争いから 谷口 中山 森下など 世界のトップクラスの選手が競ってた頃はどのレースも見るのが楽しみになってた。最近は専ら駅伝に熱中。たまに女子マラソンを見てるが、以前のように、2時間数十分ずっと見続ける事はない。
今日の主役 川内は、世界選手権に出るまでは全く知らなかった。東京マラソンで2時間8分台で3位になったのもたまたまじゃないかと思ってたけど、今日のレースを見て 強いと思った。その経歴も他のトップ選手とはかなり違う。春日部東高校 学習院大と 陸上ではほとんど名前を聞かない学校。春日部東には以前高松仁美という幅跳びの中学 高校で トップだった選手は居たが、それ以外は進学校としての標しか聞かない。学習院なんてスポーツのイメージなんてほとんどない。ただ 川内は 学連選抜で箱根を2度走っているから、その頃には活躍はしてた様だ。そして 今 公務員という事が、注目される 最大の要因のようだ。ただ 高校の事務職員と言う事なら 嘗て、ミュンヘンオリンピックに出た采谷義秋や、浜田安則といったトップ選手として活躍した教員がいた。コーチがいなくても 出来る という実績を作った選手がいたわけだ。もう何十年か前の事だから、実業団選手も今のようには恵まれてなかったのかもしれない。
彼の魅力は そんな 草の根的なこつこつ努力する姿や 試合で全力を出しきれる能力にある。普通の人たちから見れば、恵まれない環境で頑張る 我等がヒーローに見えて 応援したくなるタイプだろう。
彼は9月にもマラソンを走ってる、そして 2月の東京マラソンにも出ると言ってる。半年で3回マラソンを走るなんて、競技として長距離をやってるものには、とんでもない事だろう。彼は ほんとに走るのが好きなんだろう。好きな事なら何回でも、という 普通の凡人の考えも、痛快に思えた。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://coffeekawamoto.blog55.fc2.com/tb.php/391-5654e0f6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)