店主の気ままなひとり言
珈琲工房かわもと店主の、ほとんど独り言

プロフィール

川元 正樹

Author:川元 正樹
店主です。よろしく!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



山元が、昨年4月のこのブログの記事を読み返してくれて、コメントをくれた。舞が、学校に行けず苦しんでる妹を励ましにやってきたことを書いたのだが、、舞の性格にも言及。小さい頃のエピソードや当時の出水での暮らしぶりなど、うら若き女性とは思えない、その強い性格と酒の絶えない豪放な生活をしていることなど書いてる。
しかし 自分で何でも解決できる力を持ち、他人への思いやりも人一倍である事など、全体としては褒めている。「この子が一年後天国に行ってしまうとは」という、山元の感想。こうして思い出してくれて ありがたい。
そのブログを書いた日の前日にも、舞が久しぶりに帰ってきたことが書いてある。一泊していたんだ。そこに「週初めまで体調を壊し、頭痛に苦しんでいたが」と書いてある。このとき既に病気の兆候はあったようだ。このときは、まさか これが 白血病の症状とは思いもしなかった。
「親に出来ない部分はしっかり物の姉に任せられる」と私達は、舞を頼りにしているた。2ヶ月前は 私が入院し舞に心配かけたし、週2回の休日は必ず 病院と家で、遅くまで手伝ってくれてた。そんなしっかり者の娘に苦労させてたと思うと、どうすればいいのかわからない、後悔とか無念さとか、ぶつかるものも見えない 苛立ちのような感情が起こってしまった。
翌5月には、私の誕生日にデコレーションケーキのイラストに「おめでとう」と添えてメールを送ってきてくれたことが書かれている。前日に電話で「最近 体調がよくなかったけど、今はもういいから」と言ってたことが記してあり、その日のメールに
「誕生日を迎えあられた事に感謝して これからも元気で居てね」と あって嬉しかったことも。
娘には、こんな嬉しくなる事を言わせて 私は娘に もう言うことが出来ない。
最近になって 悔しさと 悲しさが ぐっと強くなってた。お墓の前で、こみ上げてくる。夜歩きながら思い出す。自分がつまらない存在にしか思えない。
そんなときの山元の励ましのコメントだった。「今日と言う日を精一杯楽しもう」と。大事なお客様のSさんからもメールをいただいた。暖かい言葉を貰って、少し穏やかな感情に戻れて、この文が書けている。
みんな舞のことは忘れないでいてくれる。私の側に、いつでも誰か居てくれる。そう思えたら 大丈夫 頑張れる。




舞は オードリー・ヘップバーンが好きだった。入院中ヘップバーン主演の映画DVDを何本か 持っていて見せてた。もちろん病院だから こっそり。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://coffeekawamoto.blog55.fc2.com/tb.php/400-072740c6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)