店主の気ままなひとり言
珈琲工房かわもと店主の、ほとんど独り言

プロフィール

川元 正樹

Author:川元 正樹
店主です。よろしく!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


TESARS IN HEVEN

昼は先に書いたように うめまつりの「北山杉」を聞いた。そのまま 京都の歌「泪橋」を聞いたり、懐かしい 猫の「地下鉄に乗って」「雪」クライマックスの「花嫁」。焙煎が終わってからはゆっくりとジャズが聞きたくて、「真夏の夜のジャズ」と入力して 検索。当然53年前のニューポートジャズフェステバルの記録映画が出てくるセロニアスモンクを聞いて、次サッチモを と思って サムネイルを探してたら、タモリと清水ミチ子のジャズ談義が見つかり ちょっと寄り道。すると「タモリの音楽は世界だ」に出たときの、村治佳織の動画がある。よく見てた番組で、村治佳織をはじめてみたとき よく憶えている。高校生だったが、普通の高校生とは明らかに違う雰囲気にタモリも感心していた。今度は 村治佳織のオンパレード。そのときの「メヌエット~グリーンスリーブス」の演奏から始まり「ヒア カムズ サン」「イン マイライフ」「蘇洲夜曲」「主よ人の望みよ喜びよ」やわらかい綺麗な音色だ。最後にティアーズ イン ヘブン「を聞いて、アランフェスだ と思ってたら、「ティアーズ イン ヘブン」に心を揺さぶられた。美しいメロディーを美しいギターの音色で、ついでに美しい村治佳織が演奏している。鈴木重子のボーカルでよく聞いてる。こちらは とっても心地よく入ってくる。
作曲E・クラプトンとある なるほどエリッククラプトンの動画もある。聞いた。効いた。
長々と書いてきたけど、今日本当に書きたかったのは、この [TESARS IN HEVEN]のことだ。クラプトンが事故死した彼の息子のために作った歌だった。どんな気持ちで歌ってるんだろう。聞いてる人にはちゃんと伝わる。客観的になってるわけではなくても、冷静に聞けて、素敵な音楽と 捉えることが出来る。思いを込めた本人は 冷静に、伝えることに専念して演奏できるのだろうか。そして 私は共感できてるが、冷静に聴けてる。亡き人へささげるために作っても、たぶん 自分を救ってくれる歌でもあるんだろう。




Would you know my name if I saw you in heaven?
Would it be the same if I saw you in heaven?
I must be strong and carry on
'cause I know I don't belong here in heaven

もし天国でお父さんがお前に会ってもお前は私の名前がわかるだろうか
もし天国で会っても昔のままだろうか
私は強くなくてはいけない, 生き続けなくてはいけない
私は天国にいるような男じゃないことはわかっているから

時には落胆するときもある
時にはひざまずきたいときもある
時には失望するときもある
時にはお願いだからと乞うときもある お願いだからと


この扉の向こうに安らぎがある, きっと
そして私は知っている 天国にはもう涙はいらないことを        洋楽歌詞と和訳:歌詞,和訳,Tears,In,Heaven

村治佳織はhere ocomes the sunをどうぞ
そういえば 「家族に乾杯」に出てるんだ。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://coffeekawamoto.blog55.fc2.com/tb.php/404-7f554cae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。