店主の気ままなひとり言
珈琲工房かわもと店主の、ほとんど独り言

プロフィール

川元 正樹

Author:川元 正樹
店主です。よろしく!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



佐賀北高校優勝雑感

佐賀北高校の甲子園優勝が 話題になって格メディアが関連ニュースうを、報じている。ふつうの高校の普通の高校生たちが やってくれた快挙ということで皆 爽快感を喜んでいる。かれらは、野球でなく 大学進学を、目標に入学し 好きな野球を続けていたら、最後にとんでもないことをしでかしてしまったということだ。野球に関して言えば 恵まれない環境でやってきていることも 世間が、厳しく鍛錬した苦労話より 明るい話題として注目させらる要因だろう。名の通った野球名門校が中学生の選手を集めて 設備の整った環境で
時間をかけて目いっぱい練習させているのと比べ 全く劣っているはずのこの
チームの快挙に、今の社会構造に不満を持ってる人たちも溜飲を下げた思いだったのではないか。
13年前の佐賀商業の優勝とも共通点があると、よく報じられている あのチームも「ミラクル佐賀商業」と言われた。僅差での勝利 逆転さよならの勝利
決勝でも前半リードされながら追いつき 最終回満塁ホームランで決着。その大会が終わってから その開会式を取材した 鹿児島の南日本新聞の記事を読んだことを おもいだす。その年も 東京の帝京が優勝候補で、鹿児島代表の
樟南の選手達も 帝京の選手達を憧れに近い感慨で見ていた 樟南は優勝候補とまではいかないが 福岡投手 田村捕手のバッテリーは、前年の活躍で注目されており 彼らを 側から 佐賀商業の選手達が「お!福岡だ」「田村だ」
と、見ていたという記事だ。その年は 結局佐賀商と樟南が決勝を戦った。
今年との共通点の第一に挙げられるのは、そのチームが優勝するとは誰も思わなかったこと。13年前の大会は 強豪といわれたチームが早々と敗退し 九州勢がベスト4に3チーム残った あるテレビ番組で 「今年は あまり盛り上がらない 静かな大会だ。」との発言があり、
おおいに盛り上がっていた鹿児島では、これに反発する 新聞投稿がかなりあった。今年も九州勢の成績がよかったが 大会は おおいに注目され盛り上がり 13年前のような意見は、関東からも関西からも私には、聞こえてこなかった。この相違点は、聴衆の高校野球に対する意識の進歩か、社会状況の変化によるのか?
スポンサーサイト


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://coffeekawamoto.blog55.fc2.com/tb.php/43-947a7945
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)