店主の気ままなひとり言
珈琲工房かわもと店主の、ほとんど独り言

プロフィール

川元 正樹

Author:川元 正樹
店主です。よろしく!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2012012016290000.jpg買い物?見てるだけ。


今日も娘が鹿児島市内への配達に付いてきた。配達と消耗品の購入と 私の用事が済んだ後、娘の希望で、ダイエーへ、「姶良にはない店だから どんな商品があるか行ってみたい」ということで。最近よくスーパーに行く。肉類を値段をじっくり比較しながら籠に入れてる様子は、いっぱしの大人なんだが。火曜日もそうだった。その日は繁華街天文館を歩いた。「AKBの柏木由紀ちゃんはここでスカウトされたんだって」もしかしたら今日もどっかで見てないか と 周囲を見回したが それらしき者は見当たらない。娘も可愛さという点では、すれ違った人がその言葉を発することがあるから、ちょっとは注目されるかも。ただ皆 中学生位にしか思ってないだろう、来月18になる娘にはとても見えない。もし13,14の少女を探してるスカウトマンなら 注目するかもしれないが、大人に近い年齢の女性を探してたら、全く目にとまりはしないだろう。対人関係をうまく出来ずに悩んでいる娘、社会的な活動に参加できるにはもう少し時間が掛かりそう。最近こうしてよく外出する。以前は人に会うのを嫌っていた、場合によっては怖がっていた。学校になじめず、高校を通信制に変えたほどだが 引き籠もりにはならずよかった。今日は 私が以前店を構えていた 駅前の一番街を 歩いた。このアーケード街のようすもかなり変わったが、酒屋 時計屋、ずっとそこで営業を続けている店に 立ち寄り 久しぶりと挨拶を交わし 談笑する横で 娘もにこやかに立っている。「私にも話しかけて欲しかった」と言ってたのは、懐かしさが大きいのだろうが、積極的にひととのかかわりを持とうとする、内心の回復の徴だ。嬉しい事だ。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://coffeekawamoto.blog55.fc2.com/tb.php/440-fc26799f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。