店主の気ままなひとり言
珈琲工房かわもと店主の、ほとんど独り言

プロフィール

川元 正樹

Author:川元 正樹
店主です。よろしく!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



世界陸上は、日本勢が不振です。
決勝進出は、ハンマーの室伏だけかな その室伏も6位だった。でも 現時点では このくらいが 予想される本当の成績だったのではないか。今シーズンは出だしが遅く 未だ ベストの状態には程遠かったのではないか。
始まる前から、放送関係が、日本選手の活躍への期待を あおりすぎてる気がしていた。最も 日本で陸上競技は、未だメジャーとは言いがたい状況だから
地元勢の活躍を訴えないと 興味を持って 見てくれる人が増えないだろうから、放送する側としては、仕方無いのだが。現実に 日本選手の成績が振るわないため、ここのところ 会場の 長居陸上競技場は空席が目立つ。ヨーロッパでは信じられない国際大会の実情だろう
室伏は 今季最高の80mを越す投擲をして健闘したが それよりも調子を上げていた人が5人もいたのだ。女子ロングジャンプの池田久美子も世界のトップには 差があったが 今期 記録を伸ばしているので、本番で ベストを出し 他の選手が 不調だったら メダルも夢じゃない と言うのが本当のところじゃなかったか 彼女のベスト記録では決勝に残れればよくやったと言えたんじゃないか。20年前なら 7m跳べるのは ギャッキー・ジョイナー・カーシーとハイケ・ドレクスラーくらいだったけど いまでは 10人以上いる
日本選手も進歩したが 世界はもっと記録を伸ばしていた。
実際は、池田久美子はベストには遠く及ばない記録に終わってしまって、不調だった 力を出せなかった ということは、言われなければ成らない
調整の出来てない選手が多いのも確かだ つったり 痙攣したりは、本人の不注意だろう。男子200mは3位の記録が20秒05だった。末次が好調に走れたら上回れた記録だ。もしかしたら 来年のオリンピックに照準を合わせて
いまは、調整期間と考えてる選手もいるかもしれない。逆に日本で開催される
大会だからと、気持ちが入りすぎたり、プレッシャーに負けた選手もいたかも
国際大会でも 国内大会でも 地方大会でも 見てるほうは、一心に競技に
集中して、奮闘している姿が見たい。
まだ 上位入賞が期待できる 2つのリレーが残ってる、最後の健闘でいい結果が出れば、大会は、盛り上がった印象を聴衆に与えて 終われるのだが。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://coffeekawamoto.blog55.fc2.com/tb.php/45-0a2bc5c5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)