店主の気ままなひとり言
珈琲工房かわもと店主の、ほとんど独り言

プロフィール

川元 正樹

Author:川元 正樹
店主です。よろしく!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



娘と卓球をしてきた。中学の部活で卓球をしていた娘が、数日前から、「卓球したい 連れてって」とせがんでいた。ずっと前から言われていて 「行くよ」と軽くOKしていながら、果たしてなかった。ここ数日、その要求が頻繁になっていた。場所は加治木 陶夢ランド {加治木龍門陶芸・健康の里}

tomurando3.jpg

その多目的ホール、
tamokutekiho-ru1.jpg

料金は 時間315円。安い!施設は山にある。遠いように思えて、なかなか来だせなかった。実際に車を走らせると、15分で来れるから、そう 遠いわけではなかったのだが坂道を登るのが億劫だった。わたしが上る訳ではなく、車が上るのだが。街中の民間の卓球場だと料金が2倍だ。卓球をやるとしたらここしか思いつかなかった。やっと連れてこれた。娘は喜びおお張り切りだが 私は30分で息が切れてきた。そんなに上手くは無いので逃した球を取りに行かねばならない。広い部屋に もう一組 家族で楽しんでる人たちがいる。そこまで転がってしまっては迷惑をかけてしまうので、走る。心拍数が極端に激しくなる運動は、禁止されているが、卓球を遊び程度にやるのはかまわないということだった。が、こんなに走らないとといけないとなると、大丈夫だろうか。一時間経過して、まだまだやり足りない娘を尻目に 私はさっさと片付け。やっと終わったと言う感じ。不満を口にした娘だが、顔は笑って嬉しそう。楽しかったようだ。私も約束を果たせて、一安心。
「楽しかった また 来ようね。」娘の言葉に、聞こえなかったふりで、応えた。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://coffeekawamoto.blog55.fc2.com/tb.php/455-5d6a6814
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)