店主の気ままなひとり言
珈琲工房かわもと店主の、ほとんど独り言

プロフィール

川元 正樹

Author:川元 正樹
店主です。よろしく!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ヨロンマラソン

朝から ヨロンマラソンのネット中継を見ていた。まだ ランナーが到着していない、城の昇竜橋を登りきった地点にあるフードステーションを映し出していた。懐かし場所で、懐かしい人たちを 思い出していたら その懐かしい人たちが出てきた。私のヨロンでのアグンチャー(友達)の顔。観光協会長になったT 陸連会長だったHさん。毎年着ぐるみで、パフォーマンスする Mさん夫妻。道路端で三味線弾いたり太鼓たたいたりしている見憶えのある人たち。ランナー達が橋を昇りきってやってくると、待機していた人たちが、やたらと賑やかになる。みんなで並んで踊っている。画面が小さくて 踊っている人たちの顔は判明しないが、私がいた20年前も こういう賑やかな人たちが たくさんいた。城は婦人会が元気だったが、今は 壮年団も元気なようだ。最後は 制服姿で接待していたJALのCAの人たちも一緒に踊っていた。ランナーだけの大会でなく、島の人みんな、関わってる人たちみんなが楽しんでいるのがよくわかる。
私が参加した 21年前と違うのは 女性ランナーのカラフルなファッショナブルなウェアー。ランニングスカートが普及して、ほとんどの女性ランナーが愛用しているようだ。
画面がゴール地点に変わると、消防所長Nの顔が。ゴール前でカメラを構えてずっと待機しているのは、写真屋のI兄。3時間程のタイムで フルマラソンのトップランナーが帰ってきた。インタビューしているのはよくテレビで見ているKTSのタレント。これは別に懐かしくは無いけど、いつもの人が違う場面での登場に、懐かしさと同じ感情が。ひまわりキッズと呼ばれる小学生達が ゴール1キロ前から ランナーの伴走をする。何人もの子がいるが、ランナーの方が多いから ゴールからまた 1キロ地点に戻って、他のランナーとまたゴールして、と 何往復もしている。子供達を伴ったらんなーは皆嬉しそう。風来坊がキッズ二人を引き連れてゴール。こっちへ向かってくる。私を見つけて挨拶に来たか と、思ったが わたしはあそこにはいない。WeBカメラのほうへやってきたのだ、そこで 記念撮影をしている様子。後で聞いたら そこに風来坊クラブナンバー2番の Nさんがカメラを持って待ち構えていたそうだ。先ほど 風来坊君から 今日の完走パーティーの様子をユーチューブにアップした旨報告あり。早速見ると やっぱりすごい盛り上がり。行けばよかった と 悔やんでいる。

完走パーティー



スポンサーサイト


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://coffeekawamoto.blog55.fc2.com/tb.php/485-05287278
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)