店主の気ままなひとり言
珈琲工房かわもと店主の、ほとんど独り言

プロフィール

川元 正樹

Author:川元 正樹
店主です。よろしく!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


新幹線の旧型車両が、廃車となり、最後の運行や記念セレモニーの様子が、大きく報道で取り上げられていた。その新幹線に纏わる思い出を 懐かしそうに語ったり、時に涙を滲ませて万感の風を見せて語る人もいた。この車両64年の新幹線開業時のものではなく、80年代から使われているものだそうだ。それでも 25年から30年。便利な早い新幹線のおかげで 特別な経験ができたひとは多いだろう。山下達郎の音楽に乗って流れた、シンデレラエクスプレスのCMのような 甘い思い出を持つ人もたくさんいただろう。そういう人たちにとってこの電車へ、深い思い入れが存在するのはよくわかる。
私は 4回、新幹線に乗っている。全部 70年代だ。4回は 他の人と比べて 少ないと思う。鉄道の無い奄美や 沖縄の人でも 本土での交通手段として新幹線を利用してる人は多いかも知れない。そう頻繁に旅行する事がないせいもあるが、他の交通手段を使うからだ。東京 大阪へは 飛行機。九州内なら、自分で車を運転。時間と料金の両方を勘案して決めるが、新幹線という選択になかなかならない。過去 新幹線に乗ったのも、受険の為、確実に目的地に行く必要があったとき。就職試験で岡山に行ったときもそうだ。一緒に上京する友人が、新幹線にしてたので、それに合わせてとか。いずれも帰りは、夜行列車で、行きの倍の時間をかけて帰ってきている。夜行列車は全部いわゆる鈍行。大阪にいた頃、東京からの帰りは、24時前の横浜発に乗り、朝7時頃名古屋着。近鉄に乗り換えて 大阪布施まで。途中中川で乗り換え 近鉄は特急以外は普通料金だけでよかったので、準急とか快速に乗っていた。布施には10時頃着。ほとんど夜から朝にかけての移動で時間的に便利なのだ。車窓の風景は楽しめないけど。
ただ 夜行列車の中でぐっすり眠れるわけではなく、疲労はたまる。若かったときだから可能だったのだろ。今 旅行に行くとしたら、関西 関東ほどの遠隔地でなくて、電車を利用するとしたら、なるべく疲れないようにと、新幹線を利用するかも。


スポンサーサイト


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://coffeekawamoto.blog55.fc2.com/tb.php/499-6da549e6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。