店主の気ままなひとり言
珈琲工房かわもと店主の、ほとんど独り言

プロフィール

川元 正樹

Author:川元 正樹
店主です。よろしく!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



やっかいなOB達の話 と 言うことになるかもしれない話題を もう一つ
大島高校の女子の制服は着ている者達には、評判がよくないらしい
夏 はとにかく暑いということだ 冬と同じ厚い生地のジャンバースカートを、夏も着るのだ 上半身にぴったりくっ付いたその布生地がたまらないらしい そして ブラウスも長袖 年中一着で済むから家計が助かると思う人もいるかもしれないが 真夏にあんなもの 着せられるのはたまらないだろう
男なら 暑いのにベストを着ているようなものだから、あとで聞いたが ブラウスの袖を曲げてたりすると 教師に注意を受けていたらしい 私の 従姉が話してくれたことでよく覚えているエピソードは、「授業中 首筋から虫が背中に入り込み 困ってしまったが しばらくして 虫が動かなくなった あとで みたら 蒸されて死んでしまっていた。」と言うもの。
そんな 制服が 何十年も前から 一度も変更されないのだ わたしの 幼少の頃から 現在まで ずっと同じ制服だ 昭和21年からいまの新制普通高校になり 男女共学になっているから たぶん その後すぐ制定された制服がずっと変更されることなく続いてるんじゃないだろうか 名瀬市内の他の 奄美高校など何度か変更されていて 生徒にも好まれているのに比べたら 大島高校の制服は地味な感じは、否めない 「進学校だから勉強に集中できればいいので 派手な制服など必要ない」と言う意見もありそうだが 我々が 度々耳にするのは OB会が、変えないよう つよく要望していると言う話。
創立100年を当に過ぎた学校ゆえ OB会も大きく 学校にも寄付をするなど影響力を持つため 高校側は 逆らえないと言うこと。
変更反対の理由は 「自分達が現役だった頃の懐かしい制服を、残して欲しい」いう年寄りのわがままみたいな話。これが伝統だからということ。
在学中は 密かに好きだった子がいたりして その子の思い出は制服を着て
出現するわけで 同じ服を着た女子生徒を見て 青春に帰ったような気になる
(ちょっと変態っぽいかな)OLD BOYも多いのではないだろうか。町で唯一の普通高校で、生徒の親も卒業生という例は、結構多い。したがって 父兄から
変更の要請はなかなか出てこない。現役生徒だけが毎年不快な夏を送ってる。
わたしも 在学中は大島高生というプライドとともに この制服を着た少女たちが大好きだったが、後に 昔の女学生達から 男どもには全く判らなかった
制服に関する彼女達の苦労を聞いて 何十年もの間 悩んだ沢山の女生徒 今も 男子よりその数が多くなってるらしい女子生徒たちに同情してしまっている。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://coffeekawamoto.blog55.fc2.com/tb.php/52-63f975b2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)