店主の気ままなひとり言
珈琲工房かわもと店主の、ほとんど独り言

プロフィール

川元 正樹

Author:川元 正樹
店主です。よろしく!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



テレホン人生相談で、娘さんを 病気でなくされた お母さんが 「これから どういう風に 生きていったらよいか わからない」と相談していた。マダモアゼル アイ先生の答えは「遺品の整理を やるように 特に写真をもう一度じっくり いとおしむように 見直して、これまでとは違った 娘さんの一面がわかるかもしれません、そうすることで 区切りをつけましょう。」
母と 娘は 仲良し いつでも一緒だった。深く繋がっていたものが 突然切れてしまった。発病から3ヶ月足らずでの死別。なんら覚悟さえもできぬままあまりのきゅうな出来事。「こんなとき 一番辛いのは母親です」と 先生も言っている。これ以上自分が生きていく気力も自信もなくしてしまうのは当然かもしれない。しかし 生きていかなければ 娘さんが浮かばれない。自分の死で 大好きな母親がいつまでも悲しみを乗り越えられないでいることを娘も無念に思うだろう。
当然この話は 私たちにも 当てはまるし、その立場で聞いていた。毎日、お墓に行き 舞に 語りかけているが、謝ることばかり。今の私たちの状況を、舞はきっと嘆いていることだろう。生前も 中の悪い両親に気を使っていたようで、私との会話と 母親が言う舞の言葉のニュアンススの違いで、舞の苦心がわかる。心を痛めていたことだろうと、ほんとに 申し訳なく思う。母親の悲しみの深さを、普段の様子から正確にはわかっていなかったかもしれない、私の態度に 尽く反発するのも仕方ない。しかし 私にも絶対、妥協できない部分はある。彼女の要求がそこに触れるので、話会いは成り立たず、会話もなくなり、今 完全に鬱状態の相手に、語りかけるすべもない。
母親は 舞のことを 自分だけのものにしたいようだ。彼女は彼女の宗教感で、行動する、毎日二度 仏壇に向かっている。遺品はほかの人に晒したくないと、私が 舞の友人たちに 舞の部屋を 見せたことに激怒。今は私も入室を拒否され、舞のものに手を触れるなと 触れ書きを張られた。
けじめをつける、ということは簡単なことではない。舞がどう思っているかを考えれば、変われるんじゃないか。二人とも舞が大切な娘だったという思いは同じなのだが、それを心に留めて、どう先に進もうかという考え方が違う。母親が宗教に救いを求めているのは、彼女にとってはいいことなんだろう。端から見ていると そうは思わないけど。どうけじめをつけるかは 二人ともまだ その手がかりもつかめていない。
付け加えると 彼女の私への不満はたくさんある。すべて不満かもしれない。私は 子供を幸せにしたかった。結局 舞は私に幸せにしてはもらえなかった、たくさんの友人が 幸せにしてくれていた。母親は 子供のために一緒に苦労する存在になっていた。今 自分は不幸 この考えが 私への不満のすべてだろう。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://coffeekawamoto.blog55.fc2.com/tb.php/529-2926ca30
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)