店主の気ままなひとり言
珈琲工房かわもと店主の、ほとんど独り言

プロフィール

川元 正樹

Author:川元 正樹
店主です。よろしく!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ジャンゴの思い出

ジャズのもうひとつのレクイエムと言えば「ジャンゴ」。1953年 突然死したギタリスト ジャンゴ・ラインハルトを悼み、MJQのリーダージョン・ルイスが作った曲。MJQの演奏は ミルト・ジャクソンのビブラホンを、中心に 静かに始まり、中間は力強く、ベースでリズミカルに そして 静かに終わりに向かうが、最後の一音 ミルトの力を込めてたたく姿が 悔しさをものがったっているかのよう。
私が 奄美ジャズの会に入って 最初に開いたコンサートは 猪俣猛率いるフォースだった。バイブの浜田均のエネルギッシュな演奏に驚き 感激した。当日 リハーサルが終わって、本番まで あと少しというとき、浜田均に緊急の電話が入り、メンバーが驚きの様子を見せ、あわただしくまた電話をかけなおしていた。ジャズ仲間で、浜田の親友が 交通事故死したという知らせだった。
フォースは MJQとまったく同じ編成のカルテット。観衆は当然MJQの代表作ジャンゴを期待している。出だしの演奏が、ミルト・ジャクソンのあだ名をタイトルにしたバグス グループだったから、ジャンゴは必ず聞けると思っている、バイブの生演奏をはじめて聞くファンのきたいは大きかった。猪俣猛は 演奏する前に 必ずその曲についての説明をする。そのときは、悲しい知らせががあったことだけ話して、ジャンゴの演奏をはじめた、観衆はジャンゴで何があったかを悟った。終演後 「誰が亡くなったんですか」と尋ねる観客が数人いた。浜田均はどんな気持ちで、演奏していたのだろうか。悲しみは胸にしまったまま アフターでも愉快に振舞っていた。私は初めて自分が関わったコンサートが大成功だったことと、彼らの洗練され演奏に酔いしれ感激し、上機嫌 爽快感いっぱいだった。
その 2年後 再び フォースは奄美にやってきた ツアーの途中だった、その前日 猪俣猛の父親が亡くなっていた、すぐ駆けつけたかっただろうに、猪俣は 奄美のファンのために悲しみを超えてやってきてくれた。フォースは解散したが そのときのメンバー 猪俣猛 西直樹 内山健一 浜田均太 みな大好きなプレーヤーだ。

スポンサーサイト


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://coffeekawamoto.blog55.fc2.com/tb.php/538-c15193d7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。