店主の気ままなひとり言
珈琲工房かわもと店主の、ほとんど独り言

プロフィール

川元 正樹

Author:川元 正樹
店主です。よろしく!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


憲法記念日。 護憲派 改憲派の集会は今年もそれぞれあったようだ。近年憲法論議は低調かな と 思っている。好戦的首相がいたときには 国際貢献の名目で、自衛隊戦力が 紛争地に派遣され、法の拡大解釈で、憲法9条の意図するところが曲げられてしまうと危惧する、9条を守ろうとする人たち。一方国際情勢は転々とし、現実に即した行動で、世界規模の和平実現に貢献するには、9条を変えるべきだと言う人たち。あの首相のころ、対米協力に熱心故か、いい機会だというわけで 軍事力行使の道筋へ、実績つくりを計ったか、首相人気に国民も引っ張られて、改憲賛成派が増えていた。平和憲法のなし崩しを危惧するひとたちは、日本の役割は他の部門ですべきで、それの基本に 9条があるべきと、強い意思表示を行っていた。
今日の新聞で、護憲の意志を持つ国民が 55%だとあった。少し回復したのだろうか。かつての政権もいまの政権も、護憲の意思は見えない、政権だから改憲を言う立場ではないだけ。集団的自衛権は当たり前 と、野党のころ言った現閣僚もいる。大阪市のアジテーター市長のタカ派的発言も、いま 人気絶頂の折ゆえ、気にかかる。
私は また言うけど、窮屈な暮らしはイヤだ。国の都合で、窮屈にされるなんて真っ平だ。軍事的行動で、国民に協力を求めたって、政権のメンツのため 我慢しなさい と言っているようなものだ。もし 足を突っ込みすぎて、引くに引かれず、徴兵なんてことになれば、今 軍隊をカッコいいと思っている若者たちには 窮屈どころか、悲惨な事態になりかねないことを、常に考えて欲しい。それは 今 想像しているよりはるかに辛い 苦しい 悲しいことだと。とりあえず 今 低調な 憲法論争の中 改憲の声も少し小さくしか聞こえず、単なる休日であることを国民が楽しんでることは幸いなこと。この風が一気に変わる可能性は 常にある ことをも 念頭に置かねばなあらない。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://coffeekawamoto.blog55.fc2.com/tb.php/542-4a6d1aee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。