店主の気ままなひとり言
珈琲工房かわもと店主の、ほとんど独り言

プロフィール

川元 正樹

Author:川元 正樹
店主です。よろしく!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



永井龍雲 ルリカケス

ブログ 今宵の一枚 15日の第1050夜は 永井龍雲「ルリカケス」。初めてこの歌を聞いたとき胸を熱くしてしまって それ以来 この歌がラジオから流れると、じっと動きを止めて聞き入っている。時には涙も出てくる。永井龍雲が奄美に縁のある人と言うのはずっと以前から知っていた。鹿児島には彼のファンが多い。代表作の『道標ない旅」と同じくらいこの「ルリカケス」もよくメディアから流れる。今宵の一枚管理人W氏が 詳しく彼のこと この歌のことを紹介してくれている。「叙情的で美しく、かつ繊細なヴォーカルは大衆の注目と評価を集めるところである」そのとおり。「この楽曲は彼が高校2年の頃亡くなった母上の故郷 奄美大島に行き、その美しい浜辺に感動し、島に生息するルリカケスに思いを重ねて作った」。わたしがコメントせず、W氏の説明で済ませようとしているようで 申し訳ないが、的確なコメントを読んでしまって これ以上のものは出来そうにない。
歌詞に出てくる 瀬戸内町久慈には行ったことがない。島の南端の瀬戸内町の中でもさらに奥まったところにある、(ちなみに名瀬からタクシーで行くと2万円あまりかかるそうだ。)この歌でその風景の美しさを想像できる。永井龍雲はその風景を見て、母の美しさをあらためて実感したんだろう。そして今の彼に繋がっている 母とこの土地に感謝している。
私は久慈出身の知り合いが割と多い。永井さんと 村田さんが多い。元田さんもいるけど。思い返せばたくさんいる。あの小さな集落でこんなに知り合いがいると言うことは 私も 久慈に縁があると、思うことにして、これからも永井龍雲に注目しよう。

今宵の一枚の動画は ライブ映像で とても素敵なんだが、そこまで頼ってしまうのはさすがに。
と言うことで 島の風景写真を使った動画を。
とにかく 聞いてください
スポンサーサイト


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://coffeekawamoto.blog55.fc2.com/tb.php/550-7233f98c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)