店主の気ままなひとり言
珈琲工房かわもと店主の、ほとんど独り言

プロフィール

川元 正樹

Author:川元 正樹
店主です。よろしく!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


N'郎さんのブログで 尾崎紀世彦を追悼している。N'郎さんは ボーカルトレーニングで尾崎紀世彦を、お手本にしていたそうで、尾崎紀世彦のどの歌にも、並々ならぬ思い入れが あるようだ。
今宵の一枚では フランス人ギタリスト ステファン・レンベルの演奏を紹介している。曲は映画「ミッドナイト・イン・パリ」で彼が演奏して挿入された「ビストロ ファダ」彼の名も 曲名も 初めて聞いたが、典型的なジプシー音楽で懐かしさを感じる心地よさ。その後 you tube の画面には ジャンゴ・ラインハルトが5本のぎたーとクラリネット、アコーデオンを従えた演奏。にぎやかに軽快にリズミカルに。ステファン・グラッペリとの競演もいくつか聞い後、聞きたくなったのは スーパーギタートリオ。パコ・デルシア アル・デ・メオラ ジョン・マクラフリンの超絶技巧早弾き演奏。初めて聴いたのは1982年頃 レコード店に行くと、同窓生の店員 U「これ、すごいぞ」と言って聴かせてくれた。まず 驚き。トリオの演奏だが それにしてもどうやって演奏しているのだろう と 想像しても 耳に入る音楽に 想像する指の動きが 追いつかない。目に見えないくらい早く動いているに違いない と 思っていた。ありがたいことにyou tubeで見ることが出来た。このライブ映像の歓声、レコードの最初に出てくるそれと 同じ。この演奏が レコードになったのだろうか。不思議に思わざる得なかった指の動きは ちゃんと見えている。早いことは早いが、それより 安定して動く と言うことが特に印象付けられた。圧巻「地中海の舞踏」出だしが聞こえただけで「ウォー」と声が出そうになる。


スポンサーサイト


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://coffeekawamoto.blog55.fc2.com/tb.php/564-9fbffa05
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。